コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第2回目)

Being seconded to Netmarks Shanghai under the COVID-19 crisis <Column 2nd of 3>

アジアビジネス通信


2021/10/22

ENGLISH

こんにちは。ネットマークス上海の宮崎 英樹です。

ネットマークス上海は、2003年から在中日系企業を中心に、ITインフラサービスを提供しています。お客さまの多くは日本でユニアデックスと取引があり、中国国内でも日本と同等のサービスが提供できるように心掛けています。

私は8月にネットマークス上海に出向しました。コロナ状況下に中国へ渡航することになり、その準備や上海到着後にどのような経験をしたのか?中国渡航記を全3回にわたり紹介しています。今回は中国渡航記の第2回目をお届けします。(第1回目はこちら

2週間のホテル隔離生活

コロナ禍でのネットマークス上海出向記①

午前7時30分過ぎ、隔離先ホテルの自室ドアが激しくノックされました。
ドアの外にある小さなテーブルの上に朝食が置かれた合図です。

ドアを開け、朝食を部屋の中に持ち込みます。
包みを開けてみると、いかにも中国らしい包子(パオズ)とお粥(ジョウ)が入っていました。

コロナ禍でのネットマークス上海出向記②

昼食と夕食も時間になると、同じように運ばれてきます。
毎回激しくノックするのでびっくりします。中国式でしょうか。

コロナ禍でのネットマークス上海出向記③

提供される食事は基本的に同じメニューで、食事が美味しいと感じたのは初日だけでした。なによりも体を動かしていないため、空腹を感じません。しかも量が多いため、完食する自信はありません。

三日もたつと、完全にグロッキー状態に陥りました。ご飯に日本から持参したふりかけを、ときにはみそ汁を、そしてまたあるときにはレトルトカレーをかけ、どうにか食べます。それでも食が進まないときには、弁当と一緒に入っていた果物のみを食べます。日本から持参したピーラーが役に立ちました。

コロナ禍でのネットマークス上海出向記⑤

実は、日本から冷蔵パックの総菜(焼き魚や煮物)を持参したのですが、部屋に冷蔵庫がないため保冷できずに、ほとんどを無駄にしてしまいました。冷蔵庫がないホテルに宿泊するのは初めての経験です。

最近、日本ではフードデリバリーを目にすることが多くなりましたが、中国でも外卖(ワイマイ)と呼ばれるデリバリーサービスが広く利用されています。隔離者の中には外卖を利用できる人もいます。私はお弁当を取りに行くとき、別の部屋の前に置かれた(ハンバーガーチェーン店やコーヒーショップの)テイクアウトの袋を、ため息交じりに眺めていました。

一度だけですが、注文もしていないのに、自室前に外卖の袋が置かれていました。
もちろん、すぐにWeChatで報告しました。

午前9時半近くになると定期検温が始まります。ガンタイプの検温器を持った監視官が、各部屋を回ります。定期検温は1日に2回、午後4時ごろにも行われました。37.5度以上の発熱がある場合には、病院に運ばれると噂に聞いていたので、発熱していないか怯えていました。

検温だけではなく、ホテル隔離期間中に3回のPCR検査も受けます。検査の時間は朝早く、午前6時30分から8時の間に行われます。監視官の合図で自室ドアの前に椅子を置き、検査の準備をします。空港の検査と比較すると、かなりいい加減です。なお、検査結果は隔離終了時にもらえました。

部屋にはWi-Fiが完備されているので、仕事もできます。しかし、回線の品質が悪いのか、頻繁にネットワークが切断されていまい、オンライン会議中に切断されたときには困りました。

時間つぶしのために文庫本を持参しました。とはいっても2冊のみです。すぐに読み終えてしまい、結局、スマートフォンをいじる時間が多かったです。Yahoo!ニュースは閲覧可能でしたが、グレートファイアーウォール(中国語では防火長城)と呼ばれる検閲システムにブロックされ、GmailなどのGoogle関連サービス、LINE、YouTubeなどは利用できませんでした。日本の家族とは、WeChatを使って会話しました。

とにかく、業務時間以外が長く感じられました。

隔離生活が始まってしばらくすると、隔離者たちの間で、ホテルからの退去可能時刻が何時になるのかが話題になりました。
私もWeChatで係官に質問しましたが、まったく返答がありませんでした。

続く

宮崎 英樹(Hideki Miyazaki)

宮崎 英樹(Hideki Miyazaki)

ネットマークス上海 技術部
日本ではオープン系コールセンター、技術員管理などを担当。ネットマークス上海での業務内容は、主に技術マネージャーとしての作業品質管理、新規顧客開拓、商材発掘などをしています。趣味は食べることと散歩。休日には自宅アパートの近辺、時には遠出をして上海の名所を散策しています。

次の記事

コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第3回目)

アジアリレーブログ(2021/10/29公開)
コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第3回目)

前の記事

コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第1回目)

アジアリレーブログ(2021/10/15公開)
コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第1回目)

                      


関連コンテンツ

グローバルICTサポートサービス


ご意見・ご感想やグローバルサービスへのご質問など「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!


ENGLISH

Being seconded to Netmarks Shanghai under the COVID-19 crisis <Column 2nd of 3>

Greetings. This is Hideki Miyazaki of Netmarks Shanghai.
Netmarks Shanghai has been providing IT infrastructure services mainly for the Japanese companies in China since 2003. Many of our customers already have business relationships with Uniadex, Ltd. in Japan, so we are working at our best to provide the same level of quality services as in Japan.

I was seconded from Uniadex, Ltd. to Netmarks Shanghai in August, 2021. As I had to travel to China under the COVID-19 situation, I am sharing my experience in the preparation and after arrival of the transit. There will be a total of three articles on this & this is my second article. (Click here to read the 1st article)

2 weeks of quarantine at a hotel

コロナ禍でのネットマークス上海出向記EN①

At 7:30 AM, somebody knocks on the door of my hotel room loudly.
It is a sign that a breakfast is left at a small table outside of the door.

So, I opened the door and took the food inside.
Inside the box, I found some traditional Chinese steamed buns (Paozi) and rice porridge (Zhou).

コロナ禍でのネットマークス上海出向記EN②

Lunch and dinner get delivered the same way.
It surprised me without a fail as they knocked on the door so very loudly every time. Is it the Chinese way? I wonder.

コロナ禍でのネットマークス上海出向記EN③

The menu was basically the same for all meals. It was only the first day that I thought the food tasted good. Since I was unable to exercise much, I didn't get hungry to begin with. The volume of the meal was so large, I felt like I could never eat them all anyway.

By the 3rd day, I felt completely groggy. I brought with me some Japanese food such as furikake (seasonings to sprinkle on the rice), miso-soup, packaged curry and such, so I used them occasionally to motivate my appetite. When I had zero appetite, I just ate the fruits which were delivered with the meals. I made a good use of a peeler I brought from Japan.

コロナ禍でのネットマークス上海出向記EN④

I also brought some packaged frozen Japanese cuisine (i.e. cooked fish, simmered dish). However, most of them went bad as the hotel had no refrigerator in the room. It was my first time staying at a hotel without a fridge.

While food delivery is getting more popular in Japan, China also has a well-known delivery service called Wai Mai. Some of the people staying at the hotel obviously had the privilege of using Wai Mai. When I picked up my meal, I envied seeing some packages being left in front of other rooms. The logos on the bags were of the hamburger shops, coffee shops and so on.

One time, I found a package by Wai Mai in front of my room. As it wasn't my order for sure, I immediately reported it via WeChat.

Body temperature check-ups took place twice around 9:30 AM and 4:00 PM daily. An inspector with a gun-style thermometer went around the rooms. I heard that anyone with over 37.5c temperature were sent to a hospital, so I was terrified thinking I somehow have managed to get a high fever.

Not only the temperature check-ups, but 3 PCR testing were also necessary during the stay. The testing took place early in the morning between 6:30 AM to 8:00 AM. The officer told me when I should put a chair in front of my room to get prepared. In comparison to the PCR testing at the airport, the procedures were not as strict. The test results were told when the quarantine was completed.

Wi-Fi was available, so I could work from my room. However, the network often got cut off probably because the quality of the circuit was not so good. It troubled me a lot when I got cut off during a video conference.

I also brought some books to kill some time, ...just 2 books though. I finished reading them right away, so I ended up playing with my smart phone for most of the stay. I was able to access Yahoo! News, but unable to access Google related sites such as Gmail, LINE, YouTube and such as they were blocked by the Chinese censorship system called Great Firewall (防火長城). I used WeChat to communicate with my family.

Anyway, I felt like the time passed by so very slowly after-hours.

After several days of the stay, the people quarantined at the hotel started wondering exactly what time we would be let go from the hotel after completing the quarantine. I also asked the person in charge via WeChat, but there was no reply.

(to be continued)

コロナ禍でのネットマークス上海出向記EN⑤

Hideki Miyazaki

Netmarks Shanghai Engineering Dept.
Has an experience of managing an open style call center and the engineers in Japan. The tasks at Netmarks Shanghai are to manage the engineering quality, develop new clients, and to discover new business commodities. Eating and walking are my favorite activities. I stroll around my apartment on the weekends & even travel some distance to discover popular places in Shanghai.

Next Article


Feel free to send any questions or comments by clicking the "Contact" button below.

2021年10月22日公開
(2021年11月05日更新)
新事業への取り組み

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top