コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第3回目)

Being seconded to Netmarks Shanghai under the COVID-19 crisis <Column 3rd of 3>

アジアビジネス通信


2021/10/29

ENGLISH

こんにちは。ネットマークス上海の宮崎 英樹です。

ネットマークス上海は、2003年から在中日系企業を中心に、ITインフラサービスを提供しています。お客さまの多くは日本でユニアデックスと取引があり、中国国内でも日本と同等のサービスが提供できるように心掛けています。

私は8月にネットマークス上海に出向しました。コロナ状況下に中国へ渡航することになり、その準備や上海到着後にどのような経験をしたのか?中国渡航記を全3回にわたり紹介しています。今回は中国渡航記の第3回目、最終回となります。(第1回目第2回目はこちら)

自主隔離期間

8月末、長かったホテルでの隔離生活を終えました。
当日は朝早くから荷物をまとめた状態で待っていましたが、12時頃、フロントからやっと退去許可の連絡が入りました。フロントで今回の隔離証明書とPCR検査結果を受け取り、ホテルから外に出ると、初めて上海の地に立った感覚にとらわれました。

残念ながら、隔離生活はこれだけでは終わりません。
中国国内でも新規感染者が増加しているため、さらに1週間の自主隔離が必要です。現地スタッフに手配してもらったサービスアパートメントへ、ホテルからそのまま移動します。サービスアパートメントには、家具、家電(冷蔵庫や洗濯機など)、ミニキッチン、食器などが備え付けられ、室内の掃除やベッドリネンの交換などを行ってもらえます。

自主隔離中は不要不急の外出は禁止ですが、食事のための買い物には出かけられます。アパートメントの近くには、コンビニエンスストアや小さいながらもショッピングモールもあり、食事には不自由しませんでした。

ホテルでの隔離中には生野菜は一切出なったため、隔離後に最初に食べたサンドイッチは忘れられない味になりました。

ここで注意点ですが、ショッピングモールなどの大型施設や医療機関の建物に入るためには、スマートフォンで健康碼(健康コード)の提示が必要になるので、WeChatまたはAlipayから登録します。また、登録後、日々の検温報告が必要な場合もあります。

コロナ禍での上海出向記①

自主隔離中の1週間も自身で検温記録を取り、指定された病院でPCR検査を2回受けなければなりません。宿泊先のサービスアパートメントに検査結果を提出しなければならないため、さぼるわけにはいきません。なお、PCR検査結果は、当日の夕方に、病院入口外にある自動発行機から受け取ることができ、とても便利でした。

コロナ禍での上海出向記②

1週間の自主隔離も終え、やっと自由の身になることができました。
上海は交通の便がよく、天候がよい日の景色はとても素晴らしいです。

コロナ禍での上海出向記③

以上、3回にわたる中国渡航記はこれで終わりです。

宮崎 英樹(Hideki Miyazaki)

宮崎 英樹(Hideki Miyazaki)

ネットマークス上海 技術部
日本ではオープン系コールセンター、技術員管理などを担当。ネットマークス上海での業務内容は、主に技術マネージャーとしての作業品質管理、新規顧客開拓、商材発掘などをしています。趣味は食べることと散歩。休日には自宅アパートの近辺、時には遠出をして上海の名所を散策しています。

前の記事

コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第2回目)

アジアリレーブログ(2021/10/22公開)
コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第2回目)


関連コンテンツ

グローバルICTサポートサービス


ご意見・ご感想やグローバルサービスへのご質問など「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!


ENGLISH

Being seconded to Netmarks Shanghai under the COVID-19 crisis <Column 3rd of 3>

Greetings. This is Hideki Miyazaki of Netmarks Shanghai.
Netmarks Shanghai has been providing IT infrastructure services mainly for the Japanese companies in China since 2003. Many of our customers already have business relationships with Uniadex, Ltd. in Japan, so we are working at our best to provide the same level of quality services as in Japan.

I was seconded from Uniadex, Ltd. to Netmarks Shanghai in August, 2021. As I had to travel to China under the COVID-19 situation, I am sharing my experience in the preparation and after arrival of the transit. There will be a total of three articles on this & this is my third article. (Click here to read the 1st article or the 2nd article)

Self-Quarantine Period

I finally completed the long quarantine days at the hotel in end of August.

On that day, I packed everything early in the morning and waited. But it was not until around noon when I finally got a call from the front desk telling me I was approved to leave the site. At the front desk, I received a certification for the stay and the PCR test results. When I stepped outside, I felt like I finally made it to the land of Shanghai for the first time.

Unfortunately, this however is not the end of the quarantine.

As the infections were increasing in China, I needed to follow another week of self-quarantine period. From the hotel, I moved to a service apartment the local staff prepared for me. Service apartment has furniture, household appliances (fridge and washing machine), a mini kitchen, dishes and utensils. The room cleaning and bed making with new linens were also included in the service.

During a self-quarantine period, I was not allowed to go outside except for buying food. There were convenience stores and a small shopping mall near the apartment, so I had no trouble obtaining something to eat.

Since the hotel did not provide any fresh vegetables at all, the first sandwich I ate after the hotel stay was a memorable moment.

To enter any large shopping malls or medical buildings, one has to have a health code(健康碼)on a smartphone. The registration is possible from WeChat or Alipay. After the registration, there is a chance you will be asked to enter daily body temperature.

コロナ禍でのネットマークス上海出向記①

During the 1 week of self-quarantine period, I had to take my body temperature myself and take 2 PCR tests at a hospital I was assigned to. I had to keep up as the results had to be reported to the service apartment I was staying at. The PCR test results were conveniently available at a vending machine located outside of the hospital & it was ready within a same day by the evening.

コロナ禍でのネットマークス上海出向記②

A free man at last after a week of self-quarantine.

Shanghai is easy to get around & the view on a sunny day is splendid.

コロナ禍でのネットマークス上海出向記③

This is the end of 3 articles on my experience of traveling to China.

コロナ禍でのネットマークス上海出向記EN⑤

Hideki Miyazaki

Netmarks Shanghai Engineering Dept.
Has an experience of managing an open style call center and the engineers in Japan. The tasks at Netmarks Shanghai are to manage the engineering quality, develop new clients, and to discover new business commodities. Eating and walking are my favorite activities. I stroll around my apartment on the weekends & even travel some distance to discover popular places in Shanghai.


Feel free to send any questions or comments by clicking the "Contact" button below.

2021年10月29日公開
(2021年11月05日更新)
新事業への取り組み

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top