「ゼロコロナ」から「ウィズコロナ」へ舵を切りはじめたタイ

The shift from “Zero Corona” to “With Corona” in Thailand

アジアビジネス通信


2021/12/17

ENGLISH

サワディーカップ(สวัสดีครับ)! ネットマークス・タイランドの市川 明彦です。
現在、ネットマークス・タイランドで現地スタッフと共に、日系企業向けの営業活動に取り組んでいます。
ご存知の方も多いかと思いますが、タイ政府は、2021年11月1日より日本を含む63カ国からの旅行者を対象に、ワクチン接種完了などいくつかの条件のもと、入国隔離の免除を開始しました。現地では、期待と不安が渦巻いています。影響がすぐに現れるとは思わないのですが、今回、入国隔離免除後のバンコクの様子を紹介したいと思います。

タイのコロナ(COVID-19)感染者推移

タイでは、2020年1月13日に初めて新型コロナウイルス(COVID-19)感染者が見つかりました。最初の第1波は、感染者も少なく3カ月程度と短期でした。その後、約100日間以上も市中感染者ゼロを記録し、タイはコロナを抑え込んだともいわれました。しかしながら、2020年12月17日、海鮮市場でクラスターが発生し、第2波が始まります。感染者数が最高959人にまで跳ね上がりましたが、2021年2月には落ち着き、制限も徐々に解除されました。ところが、2021年3月、バンコクの歓楽街でのクラスターをきっかけに、長い第3波へ突入します。8月には、国内で22,782人、バンコクで4,854人と最多感染者を記録し、医療崩壊寸前までに至りました。その後、ピークアウトし、2021年11月1日現在、感染者数は国内で8,165人、バンコクで625人です。減少傾向とはいえ、第1波、第2波の最多感染者数と比較すると、それぞれ43.4倍、8.5倍で、いまだ第3波の中です。

入国隔離免除の背景

ここに来てアジアをはじめ世界各国で、海外旅行者の受け入れを再開する動きが出始めています。観光が国内総生産(GDP)の約2割を占めるタイは、海外旅行者の入国制限により、多くの観光産業と関連産業が待ったなしの大打撃を受けています。
このような状況下、タイ政府は感染再拡大が懸念されつつも、経済再生を優先し、年末年始の観光需要を取り込むため、入国規制の緩和へ舵を切りました。

NMTH_2021121001
バンコクの高級デパートは、もぬけの殻(2021年10月30日撮影)

NMTH_2021121002
観光モールAsiantique The Riverfrontのお土産店は閉店、人もいない(2021年2月13日撮影)

NMTH_2021121003
バンコク市内のバーは、1年近く閉鎖中(2021年10月30日撮影)

入国隔離免除後のスワンナプーム国際空港

11月1日、入国隔離免除の初日、タイのスワンナプーム空港では民間航空会社61便が到着し、約3,000人が入国、ほかの国際空港を含めれば約6,613人が入国したそうです。空港に行ってみたところ、人はいまだ少ないですが開国したという印象で、コロナ禍の幽霊空港のような光景が一変しました。入国者出口ゲートまで行こうとしましたが、止められました。入国者は、出口ゲートですぐに予約済のホテルの代理人と合流し、専用車で検査結果を待つホテルへ行くようです。当然ですね・・・

NMTH_2021121004
到着便のボードが表示されている(2021年11月3日撮影)

NMTH_2021121005
出口ゲート前まで行けないが奥に入国者が見える(2021年11月3日撮影)

NMTH_2021121006
入国者はホテル代理人と合流しホテルへ(2021年11月3日撮影)

NMTH_2021121007
閉鎖されていた第2駐車場もオープン(2021年11月3日撮影)

入国隔離免除後に顕著に現れたことは、制限解除で動き出したタイの人たち!

今回の入国隔離免除に対し、国内で多くの反対意見や不安があるのも事実です。しかしながら、今回、街を見たときに一番に感じたことは「タイの人たちが動き出した」ことです。入国隔離免除にともない国内のさまざまな制限が解除されました。11月1日からバンコクは、観光開国パイロット地域(ブルー・ゾーン)に指定され、バーやカラオケ店などの閉鎖や、指定店以外のアルコール類提供禁止などは継続されていますが、夜間外出禁止や飲食店営業時間制限などが解除され、ほぼ通常の生活環境に戻りました。12月1日からは、バーなどの営業開始やアルコール提供禁止の解除も検討されています。海外旅行者に強く依存する地域や関連産業はいまだ厳しいものがありますが、私が住むオンヌット(Onnut)のように海外旅行者の影響が少ない街は、人の動きがコロナ禍前の状態に少し戻ったような感じがします。

NMTH_2021121008
屋台やタイマッサージ店が多い通りスクンビットソイ77/1(オンヌット・2021年11月3日撮影)

NMTH_2021121009
アルコールの提供もOK、もはや以前のにぎわいがもどるローカルな飲食店(オンヌット・2021年11月3日撮影)

NMTH_2021121010
車も戻りはじめ渋滞するサイアム(2021年11月5日撮影)

バンコクの観光地は?

解除後1週間なので影響が見られるとは思えないのですが、バンコク周辺の観光地へ足を運んでみました。今回は、11月1日に約半年ぶりに再開されたエメラルド寺院(ワット・プラケオ:Wat Phra Kaew)、日本の女性観光客に人気があるワット・パークナム(Wat Paknam Phasicharoen)、そして海外旅行者向け高級ブランド店が多い最高級デパート、サイアム・パラゴン(Siam Paragon)の3カ所です。感想は当然ですが「海外旅行者はほぼ見かけず、バンコクの人たちの多くが動き出している」といった感じです。いかに海外旅行者が、観光地で占めていたかをあらためて実感しました。観光地に入国隔離免除効果が出るまでには、まだ時間がかかりそうです。

■エメラルド寺院(ワット・プラケオ:Wat Phra Kaew)

ワット・パークナム

昨年、コロナ禍前のワット・プラケオ
(2020年1月7日撮影)

NMTH_2021121015

海外観光者は、ほぼ見かけない
(2021年11月6日撮影)

NMTH_2021121016
もしかしたら、これが普通なのかも?(2021年11月6日撮影)

■ワット・パークナム(Wat Paknam Phasicharoen)

NMTH_2021121011

ワット・パークナム
お~、私ひとりが独占
(2021年10月23日撮影)

NMTH_2021121012

開館1時間後では
人がいなかった
(2021年10月23日撮影)

NMTH_2021121013

人が少し増えていたが、
これが普通なのかも?
(2021年11月6日撮影)

■サイアム・パラゴン(Siam Paragon)

NMTH_2021121017
人出が出てきたサイアム・パラゴン(2021年11月5日撮影)

NMTH_2021121018
高級店は、店員のみ?(2021年11月5日撮影)

NMTH_2021121019
みなさん、レストラン&フードコートへ(2021年11月5日撮影)

最後に

いかがでしたか?
入国隔離免除後、すぐに海外旅行者を街で見るのは無理でした。反面、バンコクの人たちが動き出し、街に活気が出てきたように感じます。しかしながら、誰もが気軽に自由に旅行を楽しめる状況かというと、私は疑問に思います。
入国隔離免除の入国手続きは結構面倒で、日本への帰国はいまだ厳しい条件があります。タイ国内での感染が再拡大する可能性もあります。個人的には、タイへの入国はもう少し様子を見てみないと判断がつけられないというのが本音です。
入国隔離免除は大きなリスクをともないますが、現状維持では大きな経済修復を期待することができないのも事実です。「ゼロコロナ」から「ウィズコロナ」へ、リスクを見ながら一歩一歩前に進んでいかなければならないと感じたのは私だけでしょうか?


タイでも今後は、クラウドサービスの活用が増えていくかと思います。ネットマークス・タイランドは、AWSビジネスを開始しました。クラウド化へのリスクもあるかとは思いますが、「ゼロクラウド」から「ウィズクラウド」へ今までの実績と経験を活かし、クラウドサービス時代に対応できるソリューションプロバイダーへと一歩一歩前に進んでいきたいと考えています。

新型コロナウイルスに関する情報について

上記は2021年11月中旬時点での情報です。最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。
現地の最新情報や渡航については、下記のリンク先もご参照ください。

在タイ日本国大使館ウェブサイト
https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

NMTH_2021121020

市川 明彦(ICHIKAWA AKIHIKO)

ネットマークス・タイランド
Business Development Team : General Manager
35年間、一貫してIT業界に。1998年、旧ネットマークス(現ユニアデックス)の海外ビジネス立ち上げメンバーとして、6年間フィリピンに駐在し、アジア各国へも支援。2019年9月、ユニアデックスを定年退職し、翌10月にネットマークス・タイランドへ入社。

営業関連スタッフとのプライベート旅行に参加(後列右から4番目が私)

次の記事

ネットマークス・インドネシアの紹介

アジアリレーブログ(2022/5/13公開)
ネットマークス・インドネシアからのお便り

前の記事


関連コンテンツ

グローバルICTサポートサービス


ご意見・ご感想やグローバルサービスへのご質問など「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!


ENGLISH

The shift from "Zero Corona" to "With Corona" in Thailand

Sawatdee Krap (สวัสดีครับ)! This is Akihiko Ichikawa of Netmarks Thailand.
I am in charge of making sales activities to the Japan Originated Companies here in Thailand.
As many of you may know, the Thailand government has started exempting the quarantine period for the foreign travelers from 63 countries starting November 1st, 2021 with certain conditions such as being vaccinated. The locals here are full of anticipations and fears. While the impact may not be apparent right away, I would like to show how Bangkok is doing after the start of this quarantine exemption.

COVID-19 infections in Thailand

The first COVID-19 infection in Thailand was reported on January 13th, 2020. The first wave of the infections lasted short after 3 months with only a small number of people being infected. There were no community spread infections for 100 days afterwards & Thailand was said to be a country having a control of the corona virus.
However, the second wave of the infections started after having an outbreak at a fish market on December 17th,2020. The number of people infected were as high as 959. By February 2021, the number decreased and the various restrictions were taken away a little by little.
The long third wave then started in March 2021 after having an outbreak in the city center of Bangkok. By August, 22,782 people in the country and 4,854 people in Bangkok got infected & it almost collapsed the medical system. It then peaked out & 8,165 people in the country and 625 in Bangkok are now being infected as of November 1st, 2021. In comparison to the 1st and the 2nd waves, this 3rd wave is 43.4 and 8.5 times more respectively. While the number of the infections is starting to decrease, we are still in midst of this third wave.

The background of why the quarantine was taken off

Some of the Asian countries have recently started admitting the foreign tourists again. As 20% of Thailand GDP depends on the tourism, we are experiencing a big damage on many of the tourist related businesses.
While the Thailand government is concerned about the re-spreading of the disease, a shift to loosen the immigration restrictions was made to gain more tourist demands.

NMTH_2021121001
Nobody at the high-end department store (photo taken on Oct. 30th, 2021)

NMTH_2021121002
The closed down souvenir shops at Asiantique the Riverfront. Nobody is to be seen. (Photo taken on Feb. 13th, 2021)

NMTH_2021121003
Bars in the city have been closed for almost a year. (Photo taken on Oct. 30th, 2021)

Suvarnabhumi International Airport after the quarantine exemption

On November 1st, 61 flights arrived at Suvarnabhumi International Airport bringing in about 3,000 people. Nationwide, there were a total of 6,613 people entering the country.
I went to the airport & got the impression that the airport is lively again although the number of people around were still low. I tried to go to the arrival gate but couldn't. I learned that everyone getting of the plain is to meet a representative of the hotel they made a reservation with at the gate and leave the premise on specially arranged vehicle to find out the test result. I understand that's the way it should be.

NMTH_2021121004
Arrival board showing the flights coming in. (Photo taken on November 3rd, 2021)

NMTH_2021121005
I couldn't reach the exit gate, but you can see the people coming in the far back. (November 3rd, 2021)

NMTH_2021121006
People entering the country are to meet with the representative from the hotel. (November 3rd, 2021)

NMTH_2021121007
Parking lot 2 which was closed is now open. (November 3rd, 2021)

People in Thailand starting to go out in town

It is a fact that many people in the country are fearful and are opposed to having this quarantine period being taken away. However, the first impression I had after going out to the city was that "people in Thailand are now starting to go out". Along with the quarantine being exempt, other restrictions have also been taken away. Starting November 1st, Bangkok is being designated as one of the pilot tourist scheme (blue zone). While the places serving alcohol such as the bars and Karaoke places are still closed down, the nigh curfew and the restaurant open hour restrictions are now being lifted. It seems like we are back to the usual daily life. Taking away of the restrictions on the bar open hours and alcohol provisions after December 1st is also being considered.
Any cities and businesses depending on the tourists are still straggling, but the city such as Onnut which I live in looks like it's slowly going back to the original state.

NMTH_2021121008
Sukhumvit Soi 77/1 has many food stands and Thai massage shops (Onnut, November 3rd, 2021)

NMTH_2021121009
Alcohol is now being served. The local restaurants are back to the original bustle state. (Onnut November 3rd, 2021)

NMTH_2021121010
The traffic is back in Siam (November 5th, 2021)

What about the tourist places in Bangkok?

I wasn't sure how much the restriction lift affected the tourist places after just 1 week, but I still went to see how they were. I visited 3 places including Wat Phra Kaew which just re-opened on November 1st, Wat Paknam Phasicharoen which many Japanese women love to visit, and Siam Paragon which is a high-end brand department store with many brand names for the foreigners. As expected, the impression I got was this: there are almost no tourists from outside the country, but many people within Thailand are starting to come. I recognized how much those places used to be filled with the tourists from overseas. It may still take some time before these places see the effect of the quarantine exemption.

■Emerald Temple (Wat Phra Kaew)

ワット・パークナム

Wat Phra Kaew last year before the coronavirus crisis
(January 7th, 2020)

NMTH_2021121015

Almost no tourists from the overseas are to be seen
(November 6th, 2021)

NMTH_2021121016
Maybe, this is how it's supposed to be. (November 6th, 2021)

■Wat Paknam Phasicharoen

NMTH_2021121011

Wat Paknam Phasicharoen:
Wow, I have this place all to myself.
(October 23rd, 2021)

NMTH_2021121012

Almost no one was around
an hour aftere opening
(October 23rd, 2021)

NMTH_2021121013

Few more people are seen now. Maybe,
this is how it's supposed to be.
(November 6th, 2021)

■Siam Paragon

NMTH_2021121017
A crowd has started to be seen at Siam Paragon. (November 5th, 2021)

NMTH_2021121018
Only the shop assistants are to be seen at the high-end brand shops (November 5ht, 2021)

NMTH_2021121019
Many are going to the restaurants and food court. (November 5th, 2021)

On a last note,

How was the article?
No tourists from outside the country were around in town right after the quarantine exemption. However, many people within Bangkok started to move around & the city seems to be lively again. But I personally feel that it will still take some time before the people can start to travel freely in a true sense.
The entry to the country is pretty complex & the entry back to Japan also has many strict conditions. There is also a possibility that the infections in Thailand may increase in the near future. My personal feeling is that we still need to watch the conditions closely before deciding to enter the country.
While the quarantine exemption is a big risk, the economy cannot recover with the way it currently is. I'm sure I'm not the only one thinking that we must take one step at time to shift from [Zero Corona] to [With Corona] by watching the risks closely.


There will be an increase of the cloud service needs in Thailand. Netmarks Thailand has started offering AWS business. While there is a risk of shifting to the cloud, we would like to excel in being the solution provider using our experiences in shifting from [Zero Cloud] to [With Cloud].

About the information on the coronavirus:

The information mentioned above is as of mid-November of 2021. Be aware that it may differ from the current conditions.
For the latest information and travel restrictions for the Japanese, please refer to the following site.

Japan Consulate website
https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_en/index.html

NMTH_2021121020

ICHIKAWA AKIHIKO

Netmarks Thailand
Business Development Team: General Manager
Has always worked in the IT industry for 35 years. Resided in Philippines for 6 years as a part of the members to establish the overseas businesses in 1998 for ex-Netmarks (currently Uniadex, Ltd.) in Japan. Retired Uniadex, Ltd. in September 2019 & become an employee of Netmarks Thailand the following month.

(Private trip with the sales staffs (I am the 4th from the right in the back row))

Next Article

ネットマークス・インドネシアの紹介

Asia Relay Blog(2022/5/13公開)
Letter from Netmarks Indonesia

Previous Article

ベトナム文化

Asia Relay Blog (2021/12/3)
After 4 years of working in Vietnam - The gap I felt between Japanese and Vietnamese cultures


Feel free to send any questions or comments by clicking the "Contact" button below.

2021年12月17日公開
(2022年05月13日更新)
新事業への取り組み

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top