ネットマークス・インドネシアからのお便り

Letter from Netmarks Indonesia

アジアビジネス通信


2022/5/13

ENGLISH

インドネシアからこんにちは。
ネットマークス・インドネシア デジタルマーケティング部署のハビバとハニファです。
今日は、私たち2人でこのブログをお届けしたいと思います。

ネットマークス・インドネシアの紹介

ネットマークス・インドネシア(英語表記:PT Netmarks Indonesia)は、日本のユニアデックス株式会社の関連企業として、1998年に設立されました。お客さまのビジネス環境をよりよいものにするテクノロジーの提供をミッションとし、23年以上サービスを提供しています。
社員の年齢範囲は21歳から55歳までですが、ジェネレーションZとミレニアルと呼ばれる世代の若者がほとんどです。そのため、新しいアイデアを創出させるイノベーションの発掘に力が入っている会社で、社員がアクティブかつイノベーティブな状態にいられるように、さまざまなトレーニングやアクティビティーも提供されています。

ネットマークス・インドネシアの紹介

ネットマークス・インドネシアの紹介

ネットマークス・インドネシアでは、部門ごとに毎月「エンターテイメント・デー」があります。遊園地やカラオケにビリヤード、あるいはカフェでまったりしながら仕事のことや新しいアイデアなどを話し合う機会です。
ネットマークス・インドネシアは、ジャカルタ北部のスンタールアグンに位置し、会議室や部門別の部屋などもあり、非常に快適なオフィスです。

オフィスの様子:マーケティング & 営業部門

ネットマークス・インドネシアの紹介ネットマークス・インドネシアの紹介

ネットマークス・インドネシアの「エンターテイメント・デー」

ネットマークス・インドネシアの紹介ネットマークス・インドネシアの紹介

ネットマークス・インドネシアの紹介

ネットマークス・インドネシアの紹介

【インドネシア情報】最近の話題・トピックス

1.東南アジアで初の電気自動車用バッテリー工場

東南アジアでは初となる電気自動車用バッテリー工場がインドネシアにできます。11億米ドル(15.6兆ルピー)が投資されるこの工場は東ジャバのカラワンにあり、2022年9月の工事完了後、2023年に運用を開始する予定です。
この工場は、韓国の共同事業体(主にLGエナジーソリューションと現代自動車グループ)とインドネシア・バッテリー・コーポレーション(IBC)の共同投資プロジェクトによるものです。ニッケル埋蔵量が世界の24%を占めるインドネシアは、今後、ニッケルを原料とする製品の製造国としてメジャーとなり、多くの投資を集めるだろうと、ジョコ・ウィドド大統領は言っています。
また、インドネシア政府は、バッテリーと電気自動車産業のエコシステムの開発も全面支援し、ビジネスをしやすい環境を作るための体制改革を引き続き行う予定でいます。
https://cintamobil.com/pasar-mobil/pabrik-baterai-kendaraan-listrik-pertama-di-asean-ada-di-indonesia-aid18250 参照)

ネットマークス・インドネシアのお客さまには自動車産業関連企業も多く、ITインフラストラクチャーなどの標準的なソリューションを提供しています。また、電気自動車のためのAR作成の依頼も受けています。

2.新型コロナウイルスの状況

世界中に広がったCOVID-19パンデミックは、ビジネスやテクノロジーをも含む生活のすべてに影響を与えました。今や私たちは、新しい環境や習慣に適応しなければなりません。インドネシアの人々は新しい習慣を受け入れ、リモートワークのためにテクノロジーを利用し始めています。テクノロジーを仕事環境に取り入れるという考えがなかった当初は、人々にとってそれは受け入れがたいものでした。
大学やその他教育機関、そして製造やその他の産業も新型コロナウイルスの影響を受けています。本来であれば対面でビジネスを行う産業が、ウイルス拡散の観点からそれが危険な行為となっているためです。そのため、インドネシアでは多くの学校や大学がオンラインセッション、Google ClassroomやZoom、その他のWebサービスやビデオ会議を利用したプラットフォームへとシフトしています。
製造業の多くの企業は、IoTやRealWearなどのリモート・コラボレーション・ツールのテクノロジーを駆使し、リモートによる機器の監視や保守、労働力を管理しています。インドネシアで、すでに活用されているテクノジーは多くあります。

では、2022年のトレンドはどうなるのでしょうか?

今、インドネシアで一番話題となっている次の5つのITソリューション

1.人工知能(AI)& 機械学習

人工知能(AI)や機械学習は画像と音声認識に優れ、ナビゲーションアプリ、スマートフォンアシスタント、カーシェアアプリなど多くの領域で活用されています。
また、昨今のテクノロジー時代においてさまざまな産業がAIを多く利用しており、プログラミングから検証、サポート、保守など、今後も新しいサービスを作りだす可能性を秘めています。

2.クラウド・コンピューティング

リモートワークを行っている企業にとって、クラウド・コンピューティングには多くの利点があります。仮想オフィスを作り、いつでもどこにいてもビジネスとつなげられる柔軟性があります。最近ではWebを介するデバイス(スマホやタブレットなど)が多く登場しているため、データへのアクセスもより容易なものとなっています。

3. ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)は、アプリケーションの把握、トランザクション処理、データ操作、メール返信などを自動的に行えるソフトウエア・テクノロジーです。RPAはさまざまなジョブ(処理)を促進し、正確かつ瞬時にそれらを分析する中で、ITプロフェッショナルのキャリア創成にも役立ちます。その一方で、RPAを導入することで、多くの人的労力を削減することにもなります。

4. サイバーセキュリティー

目まぐるしい開発が進むテクノロジーには、当然、それらをサポートするサイバーセキュリティーも必要となります。単なるトレンドであったサイバーセキュリティーが成長し、いつの間にかデータセキュリティーの保持に必要不可欠となるケースも多くあります。

5.インターネット・オブ・シングス (IoT)

「モノのインターネット」(IoT)とは、人を介さずにネットワーク上でデータを移行するモノ(コンセプト)を意味しています。
IoTは、ワイヤレス・テクノロジー、微小電気機械システム(メムス・MEMS)やインターネットから進化しました。IoTにおける "モノ" とは、例えるならば、埋め込み型心臓モニターを持つ人、バイオチップ(IDチップ)を持つ家畜、ドライバーにタイヤの空気圧低下を通知するセンサーをビルトインした車などです。特に製造、電気、石油、ガス業界におけるマシントゥーマシン(M2M)コミュニケーションとの関わりが深く、M2Mコミュニケーション機能を持つ製品は「インテリジェント」や「スマート」システムと呼ばれています。例えば、スマートケーブル、スマートメーター、スマートグリッドセンサーなどがあります。
https://sevima.com/ 参照)

わたしたちのWebサイトで「iCRAVER」ブランドを紹介しています。iCRAVERとは、(I)ot, (C)loud, (R)PA, (A)I, (V)irtual assistant, (E)-learning, (R)ealityの略です。ネットマークス・インドネシアでは、iCRAVERソリューションや、デモ、パートナーシップの構築を行う専門の部署があります。

-IoT:農業分野でにおける、土の状態を検査するためのIoTやAGV(無人搬送車)を開発しています。
-Cloud:AWSインドネシアとの協業で、AWS認証の取得やAWSソリューションの販売に注力しています。
-RPA:多くのRPAソリューションのプロジェクトに関わりながら、複数の自動化デモキットを作成しています。
-AI:勤怠システム向けに、AWSサービスを利用したAI CCTVを開発しています。
-Virtual Assistant:パートナーとの協業によりVAソリューションを提供しています。
-E-learning:V-Cubeとの協業を行っています。
-Reality:VRとARの開発者が在籍しており、複数のパートナーベンダーとの協業でソリューションを提供しています。

これが今回のブログの最後です。

お時間をかけてお読みいただき、ありがとうございました。
少しでもネットマークス・インドネシアが身近なものとなったのであれば幸いです。:)

ネットマークス・インドネシア

ネットマークス・インドネシアの紹介

ヌー ハニファはこのブログを書いた2人の内の1人です。陽気でアクティブな彼女は、デジタルマーケティングやファイナンスを含むビジネス全般をこよなく愛しています。今はデジタルテクノロジーに特に夢中で、デジタルマーケティングや最新テクノロジーを学ぶことが大好きです。
プライベートでは、映画鑑賞やインドネシアのいろいろなビーチへの旅行を楽しんでいます。

ネットマークス・インドネシアの紹介

ハビバ ナビラ Kは、ネットマークス・インドネシア マーケティング&ソリューション企画イノベーション部門で、マーケティングエグゼクティブとして活躍しているとても陽気な女性です。同僚とのおしゃべり、アニメ鑑賞と踊ることが大好きで、ゴレンガン(インドネシアの揚げ物)とイエナ(コーヒー)が好物です。(Marketing and Solution Planning Innovation Division)
デジタルやクリエーティブ市場に非常に興味があります。ご紹介できて光栄です。:)

次の記事

アジアリレーブログ(2022/6/10公開)不安だらけのフィリピン出張記(第1回)
不安だらけのフィリピン出張記(第1回)

前の記事

アジアリレーブログ(2021/12/17公開)ネットマークス・タイの紹介
「ゼロコロナ」から「ウィズコロナ」へ舵を切りはじめたタイ


関連コンテンツ

グローバルICTサポートサービス


ご意見・ご感想やグローバルサービスへのご質問など「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!


ENGLISH

Letter from Netmarks Indonesia

Greetings from Indonesia. We are Habibah and Hanifah, digital marketing team at Netmarks Indonesia. We collaborated to create this blog.

Brief of Netmarks Indonesia

PT Netmarks Indonesia (NMID) founded in 1998 as a subsidiary of Uniadex, Ltd Japan. Founded on a mission to provide technology that can help customers to enhance their businesses. We have been committed to serving our customers for more than 23 years.

The age range of current employees are 21 - 55 years, dominated by Gen-Z & Millennials. Due to this young generation, the company has become more active in searching for innovation to produce fresh ideas. Netmarks Indonesia maximizes this potential by do several training and activities to trigger them of being active and innovative.

ネットマークス・インドネシアの紹介

ネットマークス・インドネシアの紹介

We have an entertainment day per division every month. Go to theme park, karaoke, billiard or chill at some café while discussing about work and exchange ideas.
Located in Sunter Agung, North Jakarta, we have the comfiest office, complete with a meeting room, room for each division.

Office interior - Marketing & Sales division area

ネットマークス・インドネシアの紹介ネットマークス・インドネシアの紹介

Netmarks Indonesia's Entertainment Day

ネットマークス・インドネシアの紹介ネットマークス・インドネシアの紹介

ネットマークス・インドネシアの紹介

ネットマークス・インドネシアの紹介

Slight update about Indonesia

1.First Electric Car Battery Factory in Southeast Asia.

Indonesia will have the first Southeast Asia's Electric Vehicle Battery Factory. Located in Karawang, West Java, the project has an investment value of US$ 1.1 billion or equivalent to Rp15.6 trillion, the construction will be finished in September 2022 and start to operate in 2023. This factory is an investment project between a consortium from South Korea, namely LG Energy Solution and Hyundai Motor Group and PT Industri Baterai Indonesia or Indonesia Battery Corporation (IBC). Our president, Mr. Jokowi Widodo said Indonesia which has 24% of the world's total nickel reserves, will become the main producer of nickel-based goods, adding that the factory will attract investment. Government fully supports the development of the battery and electric vehicle industry ecosystem and continues to roll out structural reforms to ensure ease in doing business.
(Reference: https://cintamobil.com/pasar-mobil/pabrik-baterai-kendaraan-listrik-pertama-di-asean-ada-di-indonesia-aid18250)

Netmarks Indonesia's premium customers are automotive industries, and we provide standard solutions such as IT Infrastructure to them. Aside from that, we have received an opportunity from an automotive company to create Augmented Reality for their Electric vehicles.

The goal is to introduce how electric vehicles work and how the battery can provide power so the car can work, in an attractive way, using Augmented Reality. This is something that they cannot show by just looking at the physical vehicle.

We can copy the solution proposed to the automobile company to other customers in the automotive industry. We tried to give the real key to a real case.

2.COVID-19 Situation

Since the COVID-19 pandemic has hit the whole world, many things have affected all aspects of life, from business to technology. We have to adapt to new environments and habits. In Indonesia today, people have begun to adapt to new habits and started using technology as a way to help them work remotely. People may not be comfortable at first because they are rarely using technology as their worklife nowadays.
Universities, schools, even manufacturing & any other industries were affected by the covid-19 pandemic. Because in these industries we must/often see each other face to face, but as we know that is really dangerous because it can cause the spread of the virus. So nowadays in Indonesia, there's a lot of schools & universities are using online session and using Google classroom, zoom video conferences, and any other of web classroom/video conferences platforms as their new methods of learning & teaching.
In the manufacturing industry that requires to maintaining and monitoring machines, lot of company already switching to use technology such as Internet of Things or using remote collaboration devices such as RealWear to maintain their machines or workforces remotely, and many technologies that is already booming in Indonesia.

Then, what technology trends are currently prominent in Indonesia in 2022?

Here are 5 IT solutions that will be top solutions in Indonesia

1. Artificial Intelligence (AI) and Machine Learning

Artificial Intelligence (AI) or Machine Learning is a new technology trend known for its excellence in image and speech recognition, navigation apps, smartphone personal assistants, vehicle sharing apps, and more. AI is also widely used by various industrial sectors in today's technological era and it is very possible to create new industries ranging from programming, testing, support and maintenance.

2. Cloud Computing

Because of remote working, Cloud computing offers your business many benefits. It allows you to set up what is essentially a virtual office to give you the flexibility of connecting to your business anywhere, any time. With the growing number of web-enabled devices used in today's business environment (e.g. smartphones, tablets), access to your data is even easier.

3. Robotic Process Automation (RPA)

Robotic Process Automation (RPA) is a software technology that works automatically that can be used to interpret applications, process transactions, handle data, and even reply to emails. RPA is positively able to facilitate various jobs and analyze them quickly and accurately as well as create career opportunities for many IT professionals. On the other hand, the presence of RPA will have a lot of human work taken over by this machine.

4. Cybersecurity

In line with technology that continues to develop, of course, it requires cyber security to support it. It is not wrong if the trend of cyber security from time to time will continue to grow and become the front line in maintaining data security.

5. Internet of Things (IoT)

Internet of Things (IoT) is a concept where an object has the ability to transfer data over a network without requiring human-to-human or human-to-computer interaction. IoT has evolved from the convergence of wireless technologies, micro-electromechanical systems (MEMS), and the Internet.
"A Things" in the Internet of Things can be defined as a subject such as a person with an implanted heart monitor, a farm animal with a biochip transponder, a car that has built-in sensors to alert the driver when tire pressure is low. By far, IoT is most closely related to machine-to-machine (M2M) communications in manufacturing and electricity, oil, and gas. Products built with M2M communication capabilities are often referred to as intelligent or "smart" systems. For example, smart cables, smart meters, smart grid sensors.

Thank you very much to all the readers that already spend their time reading this blog. Hopefully from this blog, you can get to know more about PT. Netmarks Indonesia :)

If you see on our website, we have a brand called "iCRAVER", which stands for : (I)ot, (C)loud, (R)PA, (A)rtificial Intelligence, (V)irtual Assistant, (E)-Learning, and (R)eality. We have a division that is in charge of creating solutions, demo kits, and partnerships regarding the iCRAVER solution.

-IoT: We are developing AGV and also IoT for agriculture to check the soil condition
-Cloud: Working closer with AWS Indonesia, we took some certification in AWS, and now we are focusing on selling AWS solution
-RPA: We have some projects in RPA solution and created several automation demo kits to present to the customer
-Artificial Intelligent: Our A.I Developer is creating A.I CCTV as an attendance system using AWS services
-Virtual Assistant: Work with our partner to provide this solution
-E-Learning: In partnership with V-Cube
-Reality: We have VR & AR developer and working with several partners to provide the solution.

PT Netmarks Indonesia

ネットマークス・インドネシアの紹介

Nurhanifah as one of the authors of this blog, is a cheerful and active person. Love almost all parts of business world including digital marketing and finance. Currently obsessed with digital technology and so excited to learn more and more about digital marketing and other latest technology. Author uses her free time watching movies and travel to a lot of beaches all around Indonesia.

ネットマークス・インドネシアの紹介

Habibah Nabilah K as the Author of this blog is really cheerful person, working as Marketing Executive at PT. Netmarks Indonesia, part of Marketing and Solution Planning Innovation Division. She likes to talk with co-workers, like watching anime, love to dance, she likes to eat gorengan with yena (MSPI member). She has a high interest in the digital and creative industry. Nice to know you :)

Previous Article



Asia Relay Blog (2021/12/17)ネットマークス・タイの紹介
The shift from "Zero Corona" to "With Corona" in Thailand


Feel free to send any questions or comments by clicking the "Contact" button below.

2022年05月13日公開
(2022年06月14日更新)
新事業への取り組み

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top