ユニアデックス、日本ユニシス・エクセリューションズ、TERMINALQ 中堅・中小製造業のDX推進支援を目的に協業開始

~ものづくり企業を煩雑な見積業務と工場業務から解放し、業務効率向上を支援~

ニュースリリース

2021年 4月19日

ユニアデックス株式会社、日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社、株式会社TERMINALQの3社は、中堅・中小製造業のDX推進支援を目的に、本日から協業を開始します。
3社の持つ中堅・中小製造業向けソリューションは、ITの知識がなくても容易に利用可能なDX/IoTソリューションです。お客さまの目的・目標に応じて必要な機能のみを利用して、自社の課題に一点集中して取り組むことも、複数連携させることでより全社的な課題発見と包括的な改善対応、収益向上を目指すことも可能です。3社は今回の協業によりお客さまの目的・目標に応じたDX推進を支援していきます。

背景

デジタルトランスフォーメーション(DX)が広がりをみせ、大手企業だけでなく先駆的な中堅・中小の製造業もDXやIoTの仕組みを導入して成果を上げている傾向があります。しかしながら、多くの中堅・中小製造業では「DXやIoTで何が解決できるかわからない」「自社の困りごとにマッチしたソリューションが見つからない」「パッケージ製品は不要な機能も多くコストがかかる」などの理由で導入に踏み切れていない現状です。

そこで3社協業により、これら製造現場の課題解決に活用できるDX/IoTソリューションを安価に提供することで、DX推進による業務改善、業績向上を目指す中堅・中小製造業を支援します。

協業の概要

ユニアデックスは、帳票や紙図面を電子化する「AFER®(エイファ)」や通信装置付きのセンサーを使用し、作業工程を可視化して作業効率を向上させる「工程可視化」ソリューションを提供しています。日本ユニシス・エクセリューションズは、自動車や家電、金型業界で多くのユーザーを持つ、3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister®(キャドマイスター)」を提供しています。TERMINALQは、見積依頼の図面送信や見積回答、企業マッチングが行える、町工場から生まれたコミュニケーションプラットフォーム「TerminalQ(ターミナルキュー)」を提供しています。

協業の第一弾として、3社の製造業向けソリューションを相互連携させて、製造業の多くが課題とする、帳票や図面などの紙媒体の電子化、生産状況の可視化、煩雑な見積作業や新規取引先の開拓、に対応するソリューションの提供を開始します。あわせて、3D図面を使った商談についても対応準備を始めています。

例えば多くの製造現場では、見積担当者が「作業見積」を製造担当者が「製造作業実績」をそれぞれ記録保管していますが、それらはお互いに共有されていません。共有により見積で算出した予定作業時間や費用と、実際に要した製造作業時間や費用とを比較できれば、見積誤りや無駄な作業が発見できます。しかし、双方の品質向上につながるメリットはありますが、情報を収集・集約し内容を突き合わせ、吟味・検証を行う余裕が現場にないのが実情です。
見積や製造作業の記録と実績を収集・集約し比較検証までソリューション側で自動的に実行するため、現場の労力や負荷を気にせず作業に専念できるようになります。

利用イメージ

ユニアデックス、日本ユニシス・エクセリューションズ、TERMINALQ

各社ソリューションの詳細と課題解決

ソリューション体験スペース

各社ソリューションの連携が確認できる施設をユニアデックスの共創スペース「ACT+BASE@丸の内」ならびにTERMINALQの関連会社である「月井精密株式会社第二工場」に開設します(2021年5月予定)。実際の工場現場での使われ方や遠隔地からの作業進捗確認、状況把握の方法などの見学・体験ができ、導入運用時の具体的な参考となるよう支援します。

今後の展開

3社は、今回のソリューション相互連携を皮切りに機能の拡張や新機能の共同開発を進め、将来的には「中堅・中小製造業向けプラットフォーム」の構築を目指します。今後も中堅・中小製造業のDX/IoT推進を支援するため協力していきます。

以 上

■ユニアデックス株式会社について
1997年設立。日本ユニシスグループの「インフラトータルサービス」企業です。マルチベンダーのITインフラの設計・構築・導入をはじめ、運用管理、設備工事、保守、クラウド基盤構築などを、国内外にわたり1社にてワンストップ提供しています。また、2018年度からデジタルDXビジネスの取り組みを積極的に進めており、デジタルテクノロジーを活用しお客さまのDX戦略の実現を支援しています。

■日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社について
1984年設立。日本ユニシスグループの一員として独自の技術力を生かした「ものづくりソリューション」を自社開発し、お客さま業務への適用支援まで幅広くサービスを提供するエンジニアリング・ソリューションプロバイダーです。最新のIT技術を駆使しさまざまな情報を吸収・学習することで、エンジニアリング業務を最適化し、製造デジタルDXを支援します。

■株式会社TERMINALQについて
精密切削加工を営む小さな町工場である月井精密株式会社の見積担当者である社長自身が、電話・メール・FAXを使っての日々の見積業務に限界を感じ、SNS感覚で見積業務が行えるクラウド見積コミュニケーションプラットフォーム「TerminalQ」を産学連携で開発。「ものづくりに携わるさまざまな技術を持った企業に加盟してもらい、0円業務である見積作業を効率化したい」との思いから2015年に会社設立。2017年に販売を開始し、中堅・中小製造業が抱えるさまざまな経営課題を見積業務のDX化によってあぶり出し、解決策の提案を行っています。

※AFERは、ユニアデックス株式会社の登録商標です。
※CADmeisterは、日本ユニシス・エクセリューションズの登録商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュース

2021年の
ニュース

新着ニュース

page top