Cisco Secure Endpoint (旧称:AMP for Endpoints)

次世代エンドポイントセキュリティー対策

概要

Cisco Secure Endpointとはクラウド管理型エンドポイントセキュリティーソリューションです。脅威の侵入防御、サンドボックスによるマルウエア分析機能、万が一侵入した際の被害を最小限に留めるインシデントレスポンス機能を提供し、最新の脅威からお客様の情報資産を強力に保護します。

特徴

全ての管理機能をクラウドで提供するため、管理用サーバーは不要です。セキュリティー管理者はインターネットに接続できるPCやスマートデバイスがあれば、場所を選ばす適切な対応を取る事ができます。

Why UNIADEX

ユニアデックスでは、 Cisco Secure Endpointご利用のお客さま向けに以下運用サービスをご提供しております。

ヘルスチェックサービス

 定期的にお客さま環境を確認し、異常発生時は復旧支援を行うサービスです。(年間契約)
  ※ 管理コンソールに弊社用アカウントをご準備いただく必要がございます。

マルウエア簡易解析サービス

 お預かりしたデータに対し、マルウエアの可能性を調査ご報告するサービスです。

侵入を前提とした総合的な防御対策を施し、インテリジェントかつ高度なマルウエアの分析・隔離を行います。

詳細な可視性、コンテキスト、制御
すべての脅威を捕捉できる防御策はありません。高度なマルウエアが侵入したときの対応を準備しておく必要があります。そのためにエンドポイント向けCisco Secure Endpointは、エンドポイント全体の実行可能ファイルやファイルのアクティビティーを詳細に可視化し、脅威の迅速な特定、侵害の範囲の把握、瞬時の修復を実現できるようにしています。

脅威インテリジェンスとサンドボックス
Cisco Talosグループは、毎日何百万ものマルウエアサンプルや、テラバイト単位のデータを分析し、そのインテリジェンスをCisco Secure Endpointに提供することで、ユーザーを24時間保護しています。また、高度なサンドボックス機能が、700以上の動作指標に対してファイルの静的/動的分析を自動的に実行し、ステルス型攻撃を発見します。それがまさにインテリジェントエンドポイントセキュリティーです。

リアルタイムにマルウエアをブロック
Cisco Secure Endpointは、クラウドベースとシステムベースのテクノロジーの両方を利用して、既知の脅威も新たな脅威もリアルタイムで自動的に検出します。テクノロジーには、グローバルのビッグデータ分析、機械学習、ファジーフィンガープリント、組み込みのウイルス対策エンジン、ルートキットスキャンなどがあります。

継続的モニタリングと記録
ファイルがエンドポイントに入ってくると、どのようなファイルだとしても、そのファイルのアクティビティーをCisco Secure Endpointが観測、分析、記録し続けます。悪意のある動作が検出されたら、Cisco Secure Endpointは、マルウエアのそれまでの動作を時系列で記録したものをユーザーに提示します。それは、マルウエアがどこからきたか、どこにいるのか、何をしているのかを示しています。次にCisco Secure Endpointは、すべてのエンドポイントに対してファイルを自動的に検疫して修復します。

商品販売元

2021年10月08日公開
(2022年04月14日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービス

キーワード

関連ニュース

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top