【グローバルサービス】グローバルITアウトソーシング運用サービス

日本企業の海外拠点向けITインフラ運用サポートサービス [ グローバルスタンダード/Japan-Outbound ]

~デジタルトランスフォーメーション(DX)を適用し、アナログからデジタルを活用した働き方へ~

はじめに

デジタルソリューションの活用が当たり前の毎日に

クラウドコンピューティングやSNS、モバイル技術の爆発的な成長は、企業における働き方を変革しました。今日のデジタルワーカー達はいつでもどこでもどんなデバイスからでもアクセスできるコミュニケーション、コラボレーション、生産性向上に向けたツールを活用しています。

統合されたエンドポイント管理システムは、さまざまなデバイスからのシームレスなアクセスと安全性を提供し、先進的なユーザーサポートサービスは問題を迅速に解決するばかりではなく、さらにユーザーが自分自身で問題解決することを可能にします。

DXを適用し、アナログからデジタルな業務環境(ワークプレース)への変革を

多くの組織ではワークプレース環境を最適化するための人材、経験、専門知識を十分に持っているわけではありません。全く異なるIT管理システム、縦割りのソリューションや技術変化を効果的に管理・活用していくことは大きな課題です。

ユニアデックスは米国ユニシス社との連携により、企業のエンドユーザーコミュニケーションやコラボレーションのプラットフォーム、生産性向上のためのソリューションおよびサポートサービスをクラウド上に構築し、モバイル環境からも利用可能な先進的なデジタルワークプレースへと変革します。

ワークプレースのデジタル化に向けて、お客さまと協議していくこと:
•最適なデジタルワークプレース戦略と、移行ロードマップを立案
•お客さまのビジネスに最もフィットするデジタル化ソリューションを選択し設計・構築
•ワークプレース移行に向けて、起こり得る混乱を最小限に留めユーザー満足度を最大化する手順
•厳密なセキュリティーや規制要件に合致するソリューションの選択

デジタルワークプレースサービス(DWS)サービス基本機能(ベースモジュール)

•モバイル機器とPCを集中管理するための統合化されたエンドポイント管理サービス
•現在のIT基盤運用手順を棚卸し、確認するアセスメントサービス
•現在の運用手順がDWS適用後にどのように変わるのか、理解を深めるコンサルテーションサービス
•世界中で提供するフィールドエンジニアリングオンサイトサービス
•先進的なインテリジェントデジタルサポートセンターによるグローバルサービスデスク
•お客さまと合意したルール(対象・タイミング)に基づく定例会議(対話)による、コンセンサスの実現

サービス概要

特徴

  1. 場所・時間に縛られない、自由な働き方を支援

    さまざまなスマートデバイスを活用するエンドユーザーの働き方の変革をデジタル技術で支援。個人の生産性と満足度の向上を図るため、各個人に最適なサービスを最適な方法で、いつでもどこでも利用いただけます。

    ●ITサービスデスク ●セルフサービス ●フィールドサービス ●エンドポイントマネージメント など

  2. 各種プロセスの自動化によりコストの最適化を実現

    ポータルサイトからサービスメニューにアクセス可能。インテリジェントデジタルサポートセンターがAIや自動化されたプロセスで対応。コストの最適化が可能です。

  3. ITILなどの世界標準に基づくサービスの提供
    提供基盤は、ITILやISOの認証に基づき設計されており、世界規模で標準的なサービスが利用できます。

サービスイメージ

- インテリジェントデジタルサポートセンター
 多様な受付体制でいつでも問い合わせが可能電話・Webポータル・アプリ・メール・チャットなど
 ・人の介在なしに、EPAの実装による仮想エージェント(IVAとチャットボットでやりとり。
  仮想エージェントは、AIのナレッジの蓄積から適切な回答を導き出し、解決へ
 ・プロセスの自動化RPAにより、サービス品質の均一化と、迅速な解決へ
 
AIがさまざまな情報を収集し、機器の障害を予測。未然に防ぎ安心・安全

- フィールドエンジニアリングサービス
 いつでも気軽に保守サービスを利用可能
  -Techカフェ(保守員常駐デスクで、いつでも機器の修理依頼が可能
  ITデバイス自動販売機で、マウスやキーボードなどを手軽に入手・交換
 ・最適な保守対応
  -スマートデバイスから、技術員の到着情報を確認
  
AR(拡張現実)の利用によりモバイル端末上で関連情報を共有し、どの技術員でも正確に、迅速な
   保守対応が可能

※サービスは一部英語対応のみとなります。

メリット

グローバルスタンダードな運用とグローバル規模の働き方改革実現に向けて

・世界標準のサービス利用と運用手順の適用により、IT基盤運用のグローバル化を最適なコストで実現。
・世界約100カ国のカバーエリアで24時間365日の運用サービスが利用可能。
・ユニアデックスが窓口での、日本一括契約。
・標準化されたサービスの利用により、拠点拡大時の負担も軽減。
 煩雑なやり取りから開放され、IT管理者は本来の業務に専念可能に。
・多くのサービス提供実績により、短期間で準備・導入が可能。

DWSの適用により、いつでもどこにいてもサービスが利用可能となり、さまざまなスマートデバイスを日々活用するエンドユーザーに向けた、グローバル規模の働き方改革が実現できます。

Why ユニアデックス?

ITガバナンス強化への3つのステップ ~必要なものを必要な時に~

世界中に展開する海外拠点のITについて、日本本社のIT部門が全て把握できていない場合、まずは現地の状況を把握することから始めなければガバナンスを効かせようがありません。ユニアデックスではIT運用サービスをご提供する前の段階で、海外拠点の状況を把握するためのサービスもご提供しています。

                

サービス提供体制

サービス提供体制

サービス提供例

ユニアデックスが一元で受付、定期のご報告をいたします。

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

関連ソリューション

商品・サービス

キーワード

関連ニュース

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top