【グローバルサービス】グローバルマネージドICTサービス

海外進出時のITインフラ導入支援サービス [ グローバルスタンダード/Japan-Outbound ]

概要

海外でビジネスを展開する日本企業向けサービス

これから海外展開をお考えの企業、既に展開されていてIT環境の見直しをお考えの企業に向けて、ICT機器の調達から保守・運用までワンストップで提案・提供します。ニューノーマルのリモートワークに適したIT機器の調達や保守、グローバル規模でのセキュリティーソリューションの活用、内部統制・ITガバナンス、ビジネス拡大を見据えてのIT環境構築なども、お任せください。

 

特徴

お客さまのご要望に基づき、海外展開先の事情に合ったICT基盤設計・製品調達・導入・保守・運用まで、一貫したワンストップサービスをユニアデックス1社が窓口となり、日本一括契約でご提供します。
お客さまは、グローバルICT基盤構築や運用に関わる複数事業者との煩雑なやり取りから開放され、本来の業務に専念していただけます。

これらのサービスは、対象国や対象機器により、必ずしも全ての国と機種に対してサービス提供できることを保証するものではありません。 導入予定機器と対象国別の詳細検討により対応の可否を見極める必要がありますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。

  • 海外関係会社ネットマークスや米国ユニシス社を始めとするパートナー会社を通じ、海外での高品質なサービス&サポートを実現します。
  • ユニアデックスがお客さまになり代わり、日本での一括窓口にて、煩わしいIT運用を代行します。
  • 更に、海外拠点におけるユーザエクスペリエンスを向上し、事業拡大に向けたデジタルワークプレース環境を実現するグローバルITアウトソーシング運用サービスもご用意しています。

  • lそのほか、「現在のセキュリティー対策は十分なのか」「同業他社と比べてどれ位対策ができているか」「PCやモバイル端末などエンドポイントに内在するセキュリティーリスクを把握したい」等、グローバルセキュリティー対策、内部統制、ITガバナンス強化に関するお悩みも、お気軽にご相談下さい。お客さまと課題を共有、解決し、更なる事業拡大の支援をいたします。

CASE1

グローバルサーバー運用管理&サーバーシステム構築サービス/A社

海外(上海)のデータセンターに設置したサーバーへ、自動運用と緊急時の確実な保守対応を実現するべく、ユニアデックスのマネージドサービスセンターを中心に、サーバーへのリモート監視・保守サービスと、現地パートナーを利用したオンサイトによる保守サービスを提供しています。

サービス内容

  • システム構築プロジェクトマネジメント(PM)
  • セキュリティーサービス(ファイアーウォール構築)
  • リモート監視システム構築
  • リモート監視サービス支援
  • 保守サービス(コールレセプションとコールディスパッチ)

日本語OS、日本語アプリケーションをインストールする場合には、設置時に日本語を理解できるエンジニアが導入作業を実施。システム稼動後の各種パッチ適用は日本から遠隔操作で実施します。保守サービスは、ユニアデックスのマネージドサービスセンター主導のもとにリモート監視、現地エンジニアの手配と英語での適切な作業指示を行っています。

CASE2

サーバー構築サービス/B社

グローバル規模で、マイクロソフト製品並びにLinuxをベースとしたメール/ファイル/アクティブディレクトリー/NASなどのサーバーシステムの、設計・構築・導入を実施しました。
またユニアデックスのマネージドサービスセンターを中心として、バックアップ等の通常運用監視に加え、トラブル発生時にはリモート保守、並びに現地へのエンジニア派遣と保守用部品の配送を一元的に実施しています。

サービス内容

  • コンサルティング
  • 現地調査
  • 機器調達
  • サーバー設計
  • インスタントリカバリーCD作成
  • 監視サービス
  • 出張対応の導入サービス
  • オンサイト保守サービス

約40カ国におよぶグローバルな規模で、メール/ファイル/アクティブディレクトリーとストレージが連携するICT基盤を構築しました。
導入作業では、自動化・標準化により高品質な導入サービスを実現しました。
保守・運用サービスについては、ユニアデックスのマネージドサービスセンターを中心として、日常の運用監視から障害受付、現地エンジニアの手配と、英語による適切な作業指示を行っています。

CASE3

IP-VPNによる基幹網&バックアップ網構築サービス/C社

グローバルに展開する日系企業の日本本社・欧米亜域の支社支店・工場・R&Dなど、各事業所をつなぐIP-VPNによる基幹網と、インターネットやISDNを利用したバックアップ網を構築。すべてのノードは日本国内の客先監視センターとユニアデックスのマネージドサービスセンターにおいて24時間365日体制で監視し、トラブルの際には適切な対応を実施しています。

サービス内容

  • 基幹&バックアップネットワーク設計/構築
  • 機器調達/手配
  • ネットワークの手配を含む導入プロジェクトマネジメント(PM)
  • 現地派遣/リモートによる導入作業
  • リモート監視サービス支援
  • 保守サービスコールレセプションとコールディスパッチ

  • 日本でネットワーク設計
  • 日本から現地導入時の遠隔管理、もしくは出張対応
  • 日本のマネージドサービスセンターで24時間365日の遠隔監視
  • 保守サービスは、マネージドサービスセンター主導のもとに24時間365日障害監視、現地エンジニアの手配と英語による適切な作業指示を行っています。

CASE4

ワイヤレスIPを利用した保全業務と遠隔監視業務システム/D社

工場内に点在する工作機械に対する確実な保全業務の実施と、遠隔監視による危険区域における工作機器稼動確認を、All IP wirelessソリューションにより実現しました。

サービス内容

  • Wirelessインテグレーション構築
  • ネットワーク&システム設計/構築
  • 機器調達/手配
  • ネットワークの手配を含む導入プロジェクトマネジメント(PM)
  • 現地派遣による導入作業
  • 保守サービス /部品交換(お客さまの責任によるセンドバック)

グローバルICTコンシェルジュデスク

現地調査から保守まで、ICTにまつわるさまざまな不安や不満を解消

お客さまが海外ビジネスにおけるICTの悩みを解決できるよう、グローバルICTに精通した専門家が、ホテルのコンシェルジュサービスのようにさまざまなご相談にのります。

長年にわたるICT基盤構築の経験をいかし、お客さまが実際にICT導入に踏み切るまでの情報提供やアドバイスの他、ICT構築や保守・運用などに際して生じる要望にお応えします。
どのベンダーに対しても中立な立場で、世界各地の現地の事情にあった技術を柔軟に組み合わせ、最適なご提案をし、お客さまの課題解決のサポート。グローバル規模のITカバナンス、リモートワーク環境におけるセキュリティーのお悩みなど、お気軽にご相談下さい。

         

サービス例

 

対象国/地域に関する基本情報提供(一般的な情報)

海外進出を計画される際、まず必要となるのは対象国の基本的な情報です。
気候など現地への出張時の参考となる情報から、経済状況、社会情勢、最近では特にリスク管理に関係する情報など、一般的な情報といっても、個別に調べるのは意外と面倒で時間もかかります。
ユニアデックスのグローバルICTコンシェルジュが、このような情報を一括して提供しますので、お客さまはシステムの検討に専念できます。

現地ICT基盤/通信サービス事情に関する基本情報の提供

海外でのICT基盤事情は必ずしも日本と同様ではない場合があります。
例えば、仮にある国で特定のプラットフォーム(ハードウエア、ソフトウエア)が普及していたとすると、その環境の構築/運用のための人材は非常に豊富な反面、異なるプラットフォームに対応できるスキルを持つ人材の確保に苦労することが想定されます。
このような対象国でのICT基盤事情を事前に把握しておくことができれば、導入時および導入後の運用まで視野に入れた質の高い計画立案が可能となります。
また、ネットワークにおいても、対象国によっては日本の通信サービス事情の常識が必ずしも通用するとは限らないところもあります。
ユニアデックスのグローバルICTコンシェルジュにお任せいただければ、ご提供する情報を参考にしながら、お客さまは、ご要望のスペックに最もマッチした通信サービスの選定を容易に行うことができます。

現地ICT関連機器輸出入規制などについての基本情報の提供

国によっては、特定の通信機器(ルーターなど)の輸入についてライセンスや認証が必要など、ICT機器に対して輸出入関連の各種規制が設けられているケースがあります。そのような規制について知らなかったために、機器の手配・納品スケジュールに影響が出てしまうことも現実に発生しうることであり、事前に輸出入規制に関する情報を確認しておく必要があります。クラウドサービス利用についても注意が必要です。
ユニアデックスのグローバルICTコンシェルジュは、このような情報を事前にご提供しますので、あらかじめ余裕をもった導入スケジュールを組むことが可能です。

ご要望のヒアリングとそれに基づく最適な現地導入プランのためのアドバイス

お客さまのシステムに対するご要望をヒアリングし、そのご要望にできるだけ沿った形で現地導入のプランを立てていただけるよう、さまざまな面からアドバイスします。
具体的には、設置環境や電源事情など現地での導入において気をつけておかなければならない点や運用体制を組む際の留意点など、各国別に異なるさまざまな環境事情などについて全般的にアドバイスし、お客さまのプラン決定をサポートします。

現地での利用を想定した最適な機器選定のためのアドバイス

ICT基盤機器の導入において、日本ではどのメーカーの機器をどのベンダーから購入しても、調達の難易度や保守の受け易さなどにそれほど大きな違いはなく、均質なサービスが受けられると考えられていますが、海外では必ずしも日本の常識が通用しません。
海外での導入に際しては、システムの基本的な技術要件の他に、現地での調達容易性、保守やサポートの受け易さなどの現地事情を充分に検討して、機器選定計画や導入スケジュールをたてなければ、思わぬところで導入プロジェクトの進行を阻害する要因となりかねません。
ユニアデックスのグローバルICTコンシェルジュは、各国別に現地で最適なサーバーやネットワーク機器の選定を行なうためのアドバイスを提供します。

現地-日本間のネットワーク設計のためのアドバイス

海外現地と日本間でのネットワーク設計を行うにあたり、その国独自の何か考慮しなければならない状況があるかどうかを調べてアドバイスします。
また現地で導入されるネットワークの設計をユニアデックスに依頼される場合、設計チームとグローバルICTコンシェルジュをはじめとするグローバルサポートチームが内部で連携しながら作業を進めますので、効率的で質の高い設計サービスを提供できます。

国際キャリアーおよび現地ローカルキャリア事情についてのアドバイス

日本と対象国を結ぶ回線について、お客さまが国際キャリアを選定される際に参考にしていただくため、さまざまな視点に立ってアドバイスします。
また、対象国内のローカルキャリアについても必要に応じて調査の上、情報提供します。

サービス体制

高品質なワンストップサービス

国内外の複数ベンダーがかかわる場合でも、お客さまの一元的な契約・相談窓口となります。一括した進捗管理を行い、現地業者との交渉も、日本語でご依頼いただければ、私たちユニアデックスが代行しますので安心です。

強固なグローバルネットワーク

お客さまの海外拠点へのサポートは、ユニアデックスの管理のもと、海外関係会社ネットマークスや米国ユニシス社をはじめとする世界各地のパートナー企業を通じて提供します。世界10,000名規模のサービスエンジニアにより、ISOの品質保証レベルに準拠した高品質な対応が可能です。

サービス提供可能国

アジアパシフィック、北米、中南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど、世界約100カ国で提供可能です。


国際情勢により、対応国は変更になることがあります。都度ご確認下さい。

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

関連ソリューション

商品・サービス

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top