GreenLake フレックスキャパシティ

オンプレミスでクラウドのメリットを享受できる環境を提供

クラウドライクなITインフラストラクチャー

ITインフラをクラウドに移行することで、数多くのメリットがあります。 しかし、ガバナンス上クラウドへ移行できないシステムもあります。また最近では、いったんクラウド移行したものの、 さまざまな事情からオンプレミスに戻すケースも見られます。 そこでユニアデックスでは、「クラウドライクなITインフラストラクチャー」をビジネスコンセプトとして掲げ、クラウドとオンプレミスを同じように使用でき、オンプレミスでもクラウドのメリットを享受できるハイブリッドシステム環境を提供しています。 

GreenLake

資料ダウンロードはこちら

クラウド移行のメリット

クラウド移行が注目されている主なメリットとして、以下のようなことがあげられます。

  • 初期投資を抑えられ、IT投資を平準化できる
  • リソース不足に柔軟に対応できる
  • インフラ運用工数が削減できる
  • 災害対策やバックアップが容易になる

クラウド移行への不安・懸念

一方で、以下のような理由で、クラウド移行に対する不安や懸念があるのも事実です。

  • セキュリティー上、データを外部に保存できない
  • リアルタイムに大容量データを扱うため、処理速度が満たされない
  • 自社開発のシステムと連携ができない
  • 構成やサービスレベルを自由に選択できない
  • 通信コストが高額となってしまう
  • 予期せぬサービス停止が心配

「クラウドライクなITインフラストラクチャー」の特徴

クラウドライクなITインフラストラクチャーは、「初期投資を抑えIT投資を平準化できる」「リソース不足に柔軟に対応できる」「インフラ運用工数が削減できる」といった クラウド移行の大きなメリットを、 オンプレミス環境で享受できるサービスです。
クラウドとオンプレミスを適材適所で使い分けられる、柔軟なハイブリッド環境を構築できます。

IT予算が平準化され、計画が立てやすい

オンプレミスのシステムでも、クラウドのように初期投資を抑えて月額課金での利用が可能になります。IT予算が平準化され、システム更改時の予算確保などの煩雑さがなくなります。

オンプレミスとクラウドを適材適所で使い分け

オンプレミスに向いたシステムとクラウドに向いたシステムをシームレスに連携させて適材適所で活用。リソースの無駄を防ぐことができます。

オンプレミスとクラウドもまとめて運用管理

オンプレミスとクラウドの二重管理を防ぎ、一元管理できます。また、運用監視サービスをアウトソースすることで運用負荷を軽減し、付加価値の高い業務へ注力することも可能になります。

資料ダウンロードはこちら

「クラウドライクなITインフラストラクチャー」を構成するサービス

クラウドライクなITインフラストラクチャーは、お客さまのオンプレミス環境のシステムを、 所有ではなくサービスとして利用できるようにする「HPE GreenLakeフレックスキャパシティ」を活用することで、従量課金や月額固定でのサービス提供を実現します。
さらに、オンプレミスとクラウドをシームレスに連携する機能、クラウドとオンプレミスの一元管理、運用監視サービスの提供により、クラウドとオンプレミスの双方をシームレスに連携・管理することで、運用管理を効率化できます。

greenlake

クラウドライクなITインフラストラクチャー でクラウドのメリットをオンプレミスでご提供!

クラウドへの移行が進む一方で、オンプレミスからクラウドへ移行できない理由がさまざまあり、オンプレミスに残さざるを得ないシステムは今後も存在し続けます。私たちユニアデックスは、

greenLake
  • お客さまに最善のハイブリッドシステム環境で
  • オンプレミスとクラウドを同じように使用し
  • オンプレミスでクラウドのメリットを享受できる

環境提供の実現を目指しています。

クラウドとオンプレミスのメリットを享受できる!

クラウドのメリット

クラウドで享受できるメリットとして、以下のようなことがあげられます。

  • 初期投資が抑えることができる
  • 資産のオフバランス化ができる
  • 必要な時に必要なだけ使える
  • 災害対策になる

オンプレミスのメリット

また、オンプレミスで享受できるメリットとして、以下のようなことがあげられます。

  • オンプレミスだから自社のセキュリティーに合わせられる
  • 自社開発のシステムと連携できる
  • 構成やサービスレベルを自由に選択できる
  • 予期せぬサービス停止が起きない

そんなクラウドとオンプレミスのメリットが享受できるサービスがGreenLake フレックスキャパシティです。

資料ダウンロードはこちら


GreenLake フレックスキャパシティ

オンプレミス環境のハードウェア/ソフトウェア/ 導入・保守の料金を「月額課金」で支払う、システム調達の新しいカタチです。 「リソースの調達がスピーディー」 「オーバースペックによる無駄なリソースを発生させない」 「初期投資を抑えられる」といったクラウドの良さを、オンプレミスのシステム調達でも享受できるようになり、ITコストの最適化を実現します。

GreenLake フレックスキャパシティの特徴

GreenLake フレックスキャパシティでお客さまの課題を解決します

greenlake

選べるお支払いモデル

オンプレミスへのHPE製ハードウエア導入を、クラウドのような 料金体系(「従量課金」または「月額固定」)で提供します。従量課金モデルでは、予備のリソースが設置されるため、リソースが不足した場合でもすぐ使用することができます。ハードウエア、ソフトウエアのほか、設置・保守も含めて月額でのお支払いとなります。

GreenLake
GreenLake

資料ダウンロードはこちら


GreenLake フレックスキャパシティのメリット

greenlake

Why ユニアデックス?

HPE社と長年にわたるパートナーシップによる、蓄積された確かなノウハウ

旧COMPAQ製品の時代からお客さまの大切な機器に障害が発生した際にお客さまに寄り添った保守を長年にわたり提供してきました。GreenLake フレックスキャパシティにおいても自営保守を認められており、世界でいち早く自営保守をお客さまにご提供しています。

インフラの提供から、構築・運用・保守までワンストップで提供

計画、調達、構築、導入、運用、保守まで、システムのライフサイクル全体にわたり、ワンストップ対応でお客さまをご支援。日本全国でオンサイト、リモートの両面による高品質なサポートを提供します。お客さまのIT環境に安全・安心を提供します。

GreenLake

商品販売元

2022年04月20日公開
(2022年04月26日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービス

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top