VMware Workspace ONE

業界をリードするNo.1 モバイル管理ソリューション

概要

VMware Workspace ONEは、業界で最も利用され(*1)、信頼性の高い、モバイル管理を中心とした働き方改革ソリューションです。モバイル管理機能は、従来『AirWatch』として業界をリードしていたものですが、ID管理機能や仮想デスクトップ機能を組み合わせ、Workspace ONEとしてモバイル利用環境を提供するソリューションとなりました。Workspace ONEを利用する事で安全性と利便性を両立した新しいモバイル利用環境を実現します。

workspaceone

(*1)Global Analyst Firm Ranks VMware AirWatch the Largest Enterprise Mobility Management Vendor in the World for the Second Consecutive Year

導入のメリット

Workspace ONEによって以下のメリットを享受することが出来ます。

  • マルチデバイス管理
    iPhone/iPad/AndroidだけでなくWindows10やMacOSのセキュリティー設定をリモート管理することができます。盗難紛失時にデバイスのワイプなどが実現できます。
  • 認証基盤
    アプリケーションポータルにより、ログイン後にはユーザーにアサインされたアプリケーションのアイコンの一覧が表示され、ユーザーはアイコンのクリックによりパスワード入力無しにアプリケーションが利用できます。Windows環境でのブラウザーのみならずiPhoneからでも同様の利用環境を提供します。モバイル環境では素早く利用できることが重要ですが、簡単な操作によりアプリケーションが利用できることでユーザーの仕事が効率化されます。
  • 仮想デスクトップ
    仮想デスクトップも統合することが可能なのでWebアプリケーションだけでなく、社内デスクトップPCと同様の作業が実現できます。

ラインアップ

VMware Workspace ONE のエディションは以下の通りです。

エディション
・VMware Workspace ONE Standard
・VMware Workspace ONE Advanced
・VMware Workspace ONE Enterprise

それぞれのライセンスには以下のサポートサービスをご提供することができます。

サポートの種類
・Basic:平日8-20時(日本語対応は平日9-18時)
・Production:24時間x365日(日本語対応は平日9-18時)

導入事例

さまざまな業種で、小規模から大規模のシステムでヴイエムウェア社製品をご利用いただいており、金融系、製造系、流通系、医療系など業種業態を問わず、モバイル環境を構築する際にはヴイエムウェア製品をご指名いただいております。

機能

Workspace ONEは主に認証基盤、モバイル管理、仮想デスクトップにより構成されます。

認証基盤

  • アプリケーションポータル
    クラウド上にログインポータルが用意されており、ログインするとユーザーに割り当てられたアプリケーションの一覧が表示されます。
  • シングルサインオン
    シングルサインオンの設定により、ポータルで表示されたアイコンのクリックのみでアプリケーションが利用可能になります。SAMLベースの認証に対応しており、様々なクラウドサービスへのログインが自動で行うことが可能です。
  • Active Directory
    連携ポータルへのログインのパスワードをオンプレミスのActive Directoryと連携することが可能です。
  • 多要素認証
    スマートフォンのアプリケーションの『VMware Verify』を利用することでID/パスワードに加えて、もう1段階の認証を追加できます。登録されたスマートフォンを持っている人にのみ『VMware Verify』に着信が入り、それを承認することでログインポータルの認証が完了します。なりすましを防止し、本人確認を確実にすることができます。
  • 統合管理
    グループ企業、グローバル企業ではユーザーの管理が各社に委ねられています。Workspace ONEは分散管理に対応しており、グループ内のユーザー情報をグループ管理者に委任することが可能です。

モバイル管理機能

AirWatchをベースとしており、デバイスやアプリケーションの管理機能を提供します。

  • MDM:Mobile Device Management
    iOS/Android/Windows10/MacOSのセキュリティー設定をリモートで行うことができます。カメラの禁止やリモートロックなどによりデバイスをコントロールします。
  • MAM:Mobile Application Management
    デバイスで利用できるアプリケーションの管理を行います。専用のブラウザー、メーラー、コンテンツビューアーにより3つの間のみで情報共有を制限することができます。
  • MCM:Mobile Contents Management
    社内のファイルサーバーにアクセスし、ファイルの表示が可能になります。またデバイスの他のアプリへのコピーなどを禁止することが可能です。
  • MEM:Mobile E-mail Management
    社内のメールサーバーにアクセスし、メールを読むことが可能です。

仮想デスクトップ機能

ブラウザーで利用できないアプリケーションに対しては仮想デスクトップ機能を利用することで社内と同様のアプリケーション利用環境を提供できます。

詳細情報はヴイエムウェア社のサイトを参照ください。

https://www.vmware.com/jp/products/workspace-one.html

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

関連ソリューション

商品・サービス

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top