JDSU Medusa Labs Test Tools

ストレージ開発用のベンチマークソフトウエア

概要

JDSU社(旧Finisar社)製 Medusa Labs Test Tools(MLTT)は、ストレージシステムのベンチマークを行うのに最適なソフトウエアツールです。
更にMedusa Labでは、ユーザーデバイスのコンプライアンス・インテグリティテストサービス、および、プロトコルトレーニングサービスを提供しています。

特徴

ストレージの開発、評価における性能テスト、ストレステスト、データインテグリティテストなどの工期を短縮するベンチマークソフトウエアです。フリーツールでは、物足りない詳細設定や結果表示を補い、質の高いレポート作成には欠かせない機能も提供します。

  • ストレージI/O、TCP、UDPトラフィックのジェネレートをGUIで容易に実行
  • 装置に適したテストデータパターンをテンプレートで提供(FCoE、iSCSI、PCIe、NVMe、SAS、SATA、Ethernet、SSD)
  • HTTPトラフィック、ファイルサーバー、MS ExchnageサーバーのストレージI/Oをシミュレーション
  • テスト結果を自動でグラフ化
  • IOメータで使用している設定をインポート可能

機能・仕様

単体ストレージドライブから大規模なストレージシステムに渡って、テスト機能を提供します。

機能

パフォーマンス解析、データ・インテグリティテスト、データ・パターンテスト、リアルタイムエラーモニター、コマンドラインサポート、エラーモニタリング、ロギング、リモート制御、テストパターンのテンプレート化

設定項目

テストパターンのテンプレートと自動化によるテストプランニングは、以下の項目についてカスタマイズ可能です。
 - パフォーマンス (ブロックサイズやスレッド数による性能変化)
 - センスティブ (CJPAT等のデータパターンによるノイズ耐性)
 - Pain (マルチスレッド I/O)/ Maim(シングルスレッド I/O)
 - Block Size, Queue Depth
 - I/O Operation Size
 - Queue depth Size
 - I/O Type

測定項目

サマライズされたテストレポートとグラフ、詳細なエラーログを提供します。
 - MB/s (Max、Avg、Min)、Total MB
 - I/Ops (Max、Avg、Min)、Total I/Os
 - Data Corruption
 - I/O Loss、 I/O halts、 I/O Time Outs
 - File Operations

対応OS

 - x64 Windows 2003, 2008, 2012, Vista, 7, 8、Linux, Solaris
 - x86 Sun Solaris, SPARC Solaris
 - HP-UX
 - Itanium-based systems Windows, Linux

ラインアップ

Medusa Labs Test Tools Suite (MLTT) 6.0

型番内容数量
MLTT-130 ライセンスマネージャー ドングルライセンス 1
MLTT-131 物理ホストライセンス 2~
MLTT-132-xx 仮想ホストライセンス 10~

*MLTT-130は、必須です。
*ホストライセンスは、1年毎の更新契約が必要になります。

インテグリティテストサービス

インテグリティテストサービスにつていは、お問い合わせください。

インテグリティテストサービス、プロトコルトレーニングサービス

プロトコルトレーニングサービスにつていは、お問い合わせください。

カタログ

Medusa Labs Test Tools

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top