ユニアデックス 「U-Cloud® CDNサービス+DDoS攻撃/WAF対策」サービス提供開始

-高速・安定したデジタルコンテンツ配信と万全なクラウドセキュリティー対策を実現-

ニュースリリース

2018年03月26日

ユニアデックスは、日本ユニシスグループが提供するU-Cloud IaaSのサービスカテゴリー「U-Cloudフェデレーション」シリーズに、新たにデジタルコンテンツ配信機能、およびWebアプリケーションへの攻撃を防御するWAFやDDoS攻撃対策などのクラウドセキュリティーソリューションを加えて、本日から提供開始します。本サービスによって、あらゆるデジタルコンテンツを高速で安定的に、かつ安全で効率的に送信可能となりました。

■「U-Cloud CDNサービス+DDoS攻撃/WAF対策」概要図

【背景】
昨今のデジタルコンテンツ(Webサイト、動画、音楽、画像イメージ、ファイル、ゲームなど)は、年齢性別を問わず幅広い利用者層に、不特定な場所で、多種多様なデバイスで利用されています。そのためWeb配信系システムなどに代表されるコンテンツ配信側のお客さまは、高速で安定的に、かつ安全で効率的に配信するだけでなく、セキュリティー対策(サイト停止状態の回避、情報流出や改ざんの回避)の実施も強く求められています。U-Cloud IaaSは「ハイクオリティー マネージドクラウド」をコンセプトに安心、安全なサービスを提供しており、多くのWeb配信系システムや基幹系システムのクラウド基盤に利用されているため、本サービスを追加提供することでお客さまのニーズに対応することができます。

【特徴】
「U-Cloud CDNサービス+DDoS攻撃(注1)/WAF対策(注2)」サービスは、「高いキャッシュヒット率を誇るコンテンツキャッシュ機能」、「L3~L7までの多種多様な攻撃を検知可能なDDoS攻撃対策機能」、「アプリケーション脆弱性への攻撃対策WAF機能」を保有しています。これらは、グローバルに実績があるライムライト・ネットワークス社のCDN/クラウドセキュリティーサービスを採用し、U-Cloud IaaS上にて提供可能となりました。また、U-Cloud IaaS上だけでなく、パブリッククラウドに代表される「Amazon Web ServicesTM」「Microsoft ®AzureTM」やオンプレミス基盤上で稼働するお客さまのWeb配信系システムに対しても、本サービスを適用することができます。これにより、大切なコンテンツを高品質かつ高速、安定的にエンドユーザーへの提供を実現し、24時間365日U-Cloudのサービスデスクがお客さまからの問い合わせに対応します。

【今後の展開】
ユニアデックスは、デジタル・ビジネスを支える多彩なクラウド環境やオンプレミス基盤に対して、ICT環境を最適化する「U-Cloud フェデレーション」シリーズに、本サービスを加えることでお客さまのデジタルトランスフォーメーション戦略への対応を、さらに加速していきます。

以 上

■「U-Cloud CDNサービス+DDoS攻撃/WAF対策」の詳細
1.各サービスの機能優位性
(1)CDNサービス
デジタルコンテンツをインターネット経由で配信するために最適化されたネットワーク。CDNのメリットは、「Webサイトの高速化」「急激な配信量の増加などによるピーク対策」「Webサイトのセキュリティー対策」。
・プライベートネットワークによるセキュアで高速なグローバル配信
・集中型アーキテクチャーによる業界最高クラスのキャッシュヒット率
・機械学習によるキャパシティー自動管理システム
・世界最速レベルのリアルタイムパージ(キャッシュコンテンツの超高速削除)

(2)DDoS攻撃/WAF対策
ユーザーの利便性・Webサイトのパフォーマンスを損なわないWebサイトセキュリティー対策。
●DDoS攻撃対策サービス
・グローバルに分散するスクラビングセンターでMIRAI(注3)級の攻撃トラフィックを除去
・常時トラフィックを監視することで対応までの時間を短縮し、影響の緩和を即時に開始
・攻撃トラフィックの緩和により、フィルターを通過した正規トフラフィックのみ課金対象

●WAFサービス
・OWASP10(注4)に準拠した充実したWAFルール
・PCI (注5)の認定(Level 1 PCI v3.1)
・Bot Manager(注6)を標準装備
・アプリケーション側に合わせたカスタムルール作成機能を装備
・分かりやすい管理ポータルフルマネージドサービスの提供

2.運用サービスにおける優位性
・サービスデスクによる24時間365日の問い合わせ対応
・コンサルティングに基づく配信設定のチューニングによる配信パフォーマンスの向上
・トラフィック処理のカスタマイゼーション
・WAFルールのチューニングとレコメンデーションルールについての相談対応
・WAFカスタムルール作成代行、ルール適用代行、月次レポート化

注1:DDoS攻撃
distributed denial of service attackの略です。大量の通信負荷をかけ、サーバーの負荷や通信量を増加させ、標的となったサーバーに通信障害など引き起こし、サービスを低下させることを目的とした攻撃です。

注2:WAF対策
Web Application Firewallの略です。Webサイト上のアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃からWebサイトを守るためのセキュリティー対策です。ネットワークF/WやIPS/IDSでは対応できない攻撃を検知・遮断することができます。

注3:MIRAI
Linuxで動作するコンピュータをネットワーク攻撃に利用可能なボットにするマルウエアです。

注4:OWASP10
安全なソフトウエアの設計・開発・習得・運用と維持に関する活動を支援する、非営利団体が重要なインパクトのある10の脆弱性についてまとめたドキュメントです。

注5:PCI
カード会員データおよび、取引情報を保護するための規定です。

注6:Bot Manager
悪質なBot(Bad Bot)トラフィックを検出してブロックする機能です。Botを使ったLow and Slow攻撃を含むLayer-7の高度なDDoS攻撃を検知し防御します。また、Javascript®チャレンジなどのBot管理機能がアクセス制御ルールと連携して、悪質なBotからのアクセスを制御します。

【エンドースメント】今回の発表に当たり、以下のコメントをいただいています。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社
カントリーマネージャー 田所 隆幸 氏

ライムライト・ネットワークスは、ユニアデックス様との戦略的なパートナーシップを歓迎いたします。弊社のテクノロジーが、昨年発表したユニアデックス様との販売代理店契約に加えてクラウドサービスにおいても採用されたことを喜ばしく思います。ユニアデックス様が提供するフルマネージド型U-Cloudと共に、弊社のCDNならびウェブサイトセキュリティソリューションを通して、快適かつセキュアなオンライン体験の実現に尽力いたします。ユニアデックス様の国内での長い経験と弊社の独自のテクノロジーを通じて、国内のお客さまのデジタル化に向けたご要望に対し一層最適なサービスのご提供ができるものと確信しております。

※U-Cloudは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※Amazon、Amazon Web Servicesは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。※javascriptはOracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2018年の
ニュース

新着ニュース

page top