ユニアデックス、LTE-X 資本・業務提携のお知らせ

ニュースリリース

2019年12月19日

ユニアデックスは、このたび独自のネットワーク技術「LTE over IP(LTE仮想化技術)」によるプライベートLTEサービスを提供するLTE-Xと資本・業務提携契約を締結しましたのでお知らせします。両社は、ユニアデックスのもつ各種ICTソリューションとLTE-XのもつプライベートLTEサービスとを組み合わせ、お客さまのDX(デジタルトランスフォーメーション)戦略実現を支援する新たなネットワークソリューションの創出を目指します。

ユニアデックスは、「インフラトータルサービス」企業として、お客さまのICT基盤の設計・構築・運用・保守をワンストップで提供するとともに、分析・評価・コンサルテーションなどを含めてシステムを包括的に管理するITアウトソーシングを軸に、事業の発展を後押しする多様なソリューションとサービスを提供しています。また、中期経営計画において、DX領域の事業拡大を重点施策の一つとして掲げ、DXビジネスの取り組みを積極的に進めています。

LTE-Xは、独自のネットワーク技術「LTE over IP」を活用したプライベートLTEサービスにより、5G・4G・Wi-Fi・イーサネットなどの物理的な通信媒体に依存せず、既存のネットワーク上で、仮想プライベートLTEを構築できるサービスを提供しています。

今回の資本・業務提携により、ユニアデックスは従来のITインフラ(ICT基盤の分析・評価・設計・構築・保守・運用まで)全般にわたるノウハウとLTE-Xが持つテクノロジーを連携・融合させることで、お客さまのDX戦略の実現を支援する新たなネットワークソリューションを提供することを目的にしております。

■あらゆるネットワークであらゆるデバイスの独立制御が可能に

両社は本提携によるソリューションの第一弾として、クラウド型ネットワークサービス「Wrap™(ラップ)」の開発を進めています。

本サービスでは、LTE over IPによる仮想プライベートLTEを用い、社内ネットワークやインターネット上にある企業が管理すべきあらゆるデバイスを、セキュアかつ個別独立した形でユニアデックスのクラウドサービスに接続します。そのうえで、社内システムや各種クラウドサービスなどのアクセス先への経路制御や優先制御・プロトコル制限など、端末毎のEnd to End の通信制御のすべてをクラウド上で提供します。

これにより、複雑多様化する企業内ネットワークが持つさまざまな課題を解決しつつ、今後爆発的な普及が見込まれるIoTやロボットなどの新たなテクノロジーにも、柔軟に対応可能な企業内ネットワークを構築することが可能になります。

■クラウド型ネットワークサービス概要図

■資本提携の内容
ユニアデックスは、LTE-Xの普通株式800株を取得します。

■LTE-X概要
社名 :株式会社LTE-X
設立 :2016年9月
所在地 :東京都品川区東品川2-2-20 天王洲オーシャンスクエア5F
代表者 :代表取締役CEO 池田武弘
事業内容 :Wi-FiやEthernetなどの媒体を問わず安全な通信環境を提供するLTEトンネリング技術を活用した高速通信プラットフォーム提供事業
資本金 :260,004千円

※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2019年の
ニュース

新着ニュース

page top