ユニアデックス ヴイエムウェアとセキュリティー領域で協業し「Uniadex CloudPas® for VMware」を提供開始

~次世代型セキュリティーモデルに対応し、統合された運用を実現~

ニュースリリース

2021年 6月30日

ユニアデックスは、ヴイエムウェアとのセキュリティー領域における協業に伴い、両社の強みを組み合わせた新たなクラウドセキュリティーサービス「Uniadex CloudPas for VMware」の提供を本日から開始します。
本サービスを活用することにより、ゼロトラスト(注1)やSASE(注2)などの次世代型セキュリティーモデルに対応しながら、ネットワーク、データセンター、エンドポイントまでを統合的に網羅したセキュリティー対策を講じることが可能になり、利用者の利便性を損なうことなく運用負荷を軽減します。

背景

コロナ禍により、テレワークなどの働き方・デジタル環境の変革が加速する中で、クラウドサービスの需要も急速に拡大しています。クラウドサービスを利用することで柔軟性のあるITシステム環境を実現できる反面、さまざまなセキュリティー上の課題も生まれています。強固で利便性の高い、クラウド時代に合ったセキュリティー対策の必要性がますます高まっています。

ユニアデックスは、2019年4月からクラウドセキュリティーサービス「Uniadex CloudPas」(以下、CloudPas)を提供しています。CloudPasは「認証基盤」「検知・防御」「利用状態の可視化」「ログ分析」の4つの機能を保有しており、セキュリティーガバナンスやリスクマネジメントに配慮したセキュアなクラウドサービス利用環境を構築できます。

今回の協業に伴い提供を開始する「Uniadex CloudPas for VMware(以下、CloudPas for VMware)」は、次世代型セキュリティーモデルにも対応しながら、ネットワーク、データセンター、エンドポイントの範囲を網羅した「統合セキュリティーサービス」です。
お客さまはCloudPas for VMwareを利用することで、統合的セキュリティーソリューションを容易に導入、運用、管理することが可能となります。また、クラウドサービスの利便性を損なうことなく、堅牢なセキュリティーモデルの実現と管理の簡素化により、IT管理者の運用負荷を軽減します。

CloudPas for VMwareの特徴

CloudPas for VMwareの概要図

CloudPas for VMware概要図

今後の展開

ユニアデックスは、今回の協業により両社の強みを組み合わせることで、最新技術に対応したセキュリティーサービスを提供し、セキュリティー領域でのビジネス拡大を目指します。
また、本サービスの提供などを通じて、お客さまの課題解決や社会貢献のための取り組みを推進していきます。

以上

注1:ゼロトラスト
外部からだけではなく、内部からの通信も含め「すべてを信用しない」ことを前提に、重要な情報資産やシステムへのアクセスの正当性や安全性を検証し「不正アクセス」「標的型攻撃」「情報漏えい」などの脅威を防ぐ対策をするセキュリティーモデル

注2:SASE(Secure Access Service Edge)
さまざまな環境のユーザーやデバイスが、クラウドサービスやデータに安全にアクセス可能にするため、セキュリティーとネットワーク機能を一つのクラウドサービスに統合させるというセキュリティーモデル

※Uniadex CloudPasは、ユニアデックス株式会社の登録商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュース

2021年の
ニュース

新着ニュース

page top