マルチデバイス運用サービス

複雑な各種クライアント端末の運用管理業務から解放

概要

各種クライアント端末の運用管理のすべてをアウトソーシングにてユニアデックスへお任せいただけるサービスです。
クライアント端末の運用管理に関するコストと品質の課題を解決できます。
お客さまはビジネスの成長を目指し、コア業務に専念できます。

特徴

  • クライアント端末5万台以上、約10年のサービス提供実績
  • PCだけではなく、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス、IP電話にも対応可能
  • 運用だけでなく、機器のレンタルを含めたトータルアウトソーシングサービスとして提供可能
  • 多彩なサービスメニュー

テレワークパッケージ提供開始!

かんたんにテレワークを開始でき、PC運用管理業務もすべてお任せ

この先も、新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組みながら企業活動を継続しなければならない、ウィズコロナの時代が長期に渡って続くとも予想されています。テレワークの重要性はますます高まる一方ですが、依然としてテレワーク環境の実現に課題をかかえる企業・団体も少なくありません。

「テレワークパッケージ」は、煩雑なPC運用管理業務からお客さまを解放する「マルチデバイス運用サービス」に、すぐ使えるテレワークソリューションを組み合わせたサービスとして、どこにいてもセキュアに企業ネットワークを利用することが可能な「Wrap」をセットで提供するサービスです。

「Wrap」をインストールした初期設定済みのPC(レンタル含む)を提供することで、利用者はすぐにテレワークを開始できます。加えて、PCの運用管理業務はライフサイクル全般に渡ってユニアデックスが代行するため、管理部門は運用負荷と運用管理コストを低減でき、本来の業務に専念することができます。

テレワークパッケージ概要図

各種クライアント端末(含むBYOD)に対応することは、企業活動を効率的に進めていくために必要です。また、それらを一元的に管理する仕組みは企業コンプライアンス上、必須といえます。 しかし、管理の複雑さ、煩雑さにより管理者側の負担が増大し、管理コスト/運用コストの増加が課題としてあげられています。

お客さまの課題

情報システム管理者の課題

  • 様々な種類の端末、OS/アプリケーションへの対応/管理
  • 私物端末などの持ち込み対応
  • 大量端末に対する総合的な管理基盤の実現
  • 既存基盤との連携・相互利用
  • セキュリティー対応

利用者の課題

  • OS、ソフトウエアの脆弱性
  • マルウエア対策
  • 悪意のあるアプリケーション対策
  • 不正アクセス、不明利用対策
  • 障害時の対応/データバックアップ
  • 紛失、盗難

解決するためには

標準化・ルール化

  • 内部統制・管理の強化
  • セキュリティー維持
  • 属人化の排除

さらに

  • 業務負荷の軽減
  • 投資の適正化/法令順守
  • 本業への専念

ユニアデックスで解決

これらの課題の解決策としてユニアデックスのマルチデバイス運用サービスをご活用ください。
豊富なメニューと運用実績を元にお客さまに最適なサービスを最適な価格でご提供いたします。

サービスメニュー一覧

マルチデバイス運用サービスは、面倒なPCやタブレットなどクライアント端末の運用管理業務をライフサイクル全般にわたってユニアデックスが代行し、情報システム部門の負荷と運用管理コストを低減します。

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

関連ソリューション

商品・サービス

キーワード

関連ニュース

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top