IoT故障予兆検知サービス「AirInsight® Maintenance」を株式会社NTTドコモが採用し、製造業向け「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」として提供開始

お知らせ

2018年12月13日

ユニアデックスが提供する、IoT/機械学習による設備点検診断(故障予兆検知)サービスの「AirInsight® Maintenance」が、株式会社NTTドコモ(以下 ドコモ)の製造業向け「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」に採用され、2018年12月14日から提供開始されます。

「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」は、「AirInsight Maintenance」とドコモのIoT向けLTE/3G回線に振動センサー、IoTゲートウェイをパッケージ化しているため、導入されたお客さまは、機械の故障予兆が可能になります。

概要

お客さまの工場などの設備に振動センサーを設置し、稼働中設備の振動データの収集・解析を行い、設備の点検診断を自動化します。

※ドコモのニュースリリースから抜粋

なお、「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」の詳細については、提供元であるドコモにお問い合わせください。

ユニアデックスの役割

ユニアデックスは、ドコモが1年にわたり実施されてきた「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」のトライアル導入を支援して参りました。このトライアル導入を経て収得したご要望をもとに、お客さまご自身での設備保守業務をより実施しやすくなるよう、「AirInsight Maintenance」にドコモ向けに独自の実装を行った上で、提供しております。

また、2018年12月4日には、ドコモの「IoT×5G×SDGsパートナー協創プロジェクト」に参画しました。当社は、「製造業における労働力不足や技能継承の難しさ」(SDGs対応目標9産業と技術革新の基盤を作ろう)のワーキンググループにて活動いたします。本活動は、産業界における「労働力の減少」「技能継承の難しさ」などの課題解決に向けて、機械学習/AIを用いた設備点検・診断のIoTソリューション創出の第一弾であり、今後、「SDGs対応目標9産業と技術革新の基盤」の実現に向けてさまざまな共創活動を行っていきます。

※お知らせの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のお知らせ

2018年の
ニュース

新着ニュース

page top