ユニアデックス DXビジネス強化の一環として「バックオフィス業務支援ソリューション」を拡充

- AI・RPAを活用し、多様なバックオフィス業務を支援 -

ニュースリリース

2019年02月22日

ユニアデックスは、DXビジネス強化の一環として、AI・RPA(Robotic Process Automation)を活用し、お客さま業務の生産性向上とコスト削減の支援を目的とした「バックオフィス業務支援ソリューション」の提供準備を進めています。現在、業務の可視化・自動化を支援する「RPA導入アセスメント」とバックオフィス業務の一つである帳票作成の自動化・効率化を実現する「帳票自動入力ソリューション」を開発・検証中です。ユニアデックスは本ソリューションにより、お客さまのDX戦略の実現を支援していきます。

【背景】
労働力人口の減少と業務のデジタル化が進むなか、さまざまな企業が「働き方改革」の一環として、従業員を長時間残業や単調な作業から解放する「定型業務の自動化」に期待が寄せられています。これまでも、VBA(Visual Basic for Applications)やExcelマクロなど、自動化ツールは企業で使われてきましたが、その多くは特定のアプリケーションに限定して利用されていました。

これに対し、RPAツールは複数のアプリケーションを横断し、一連の作業を自動化できます。また、AIを活用することで、作業プロセスや作業結果に関する判断・確認・修正などの定型作業において人の介在は可能なかぎり軽減でき、人的リソースをコア業務にシフトすることが可能になります。

ユニアデックスは、2018年度よりデジタルトランスフォーメーション(DX)ビジネスの取り組みを積極的に進めております。今回、業務の可視化・自動化を支援するアセスメントからRPA導入を一括で対応可能な本ソリューションの開発を進め、お客さまのDX戦略の実現を支援していきます。

【ソリューション内容】
1. RPA導入支援アセスメントサービス
アセスメントサービスにより、現行業務の調査・棚卸を行い、業務内容をツールにて可視化し、RPAによる自動化・効率化が期待できる業務の選定を行います。選定した対象業務に対してスモールスタートでRPA導入を行い、本格導入に向けた開発・テストを支援します。

■「RPA導入支援アセスメント」概要図

2. 帳票自動入力ソリューション
非定型の紙書類を人による入力を行っている業務を対象としたソリューションです。紙書類のフォーマットは問わず、スキャニング後、帳票の画像データをAIにより解析・抽出、帳票フォーマットの特徴や抽出箇所を学習することで、さまざまなフォーマットでのデータ抽出を可能とします。

抽出されたデータについてもRPAと連携し、注文書・納品書の自動作成、その他業務システムと連携することも可能です。本ソリューションを利用することで、帳票抽出から各種自動入力までワンストップで対応可能となります。
※本ソリューションは、抽出(AI)機能を日立ソリューションズ社製「活文® Intelligent Data Extractor」とのAPI連携にて提供。

「帳票自動入力ソリューション」概要図

【今後の展開】
ユニアデックスは、「バックオフィス業務支援ソリューション」の開発を皮切りに、今後も、マルチクラウド、セキュリティー、ハイブリッドアクセス、自動化、各種業種別のソリューションなど、順次開発・準備していきます。

【関連セミナーのご案内】
●タイトル:「その入力業務、まだコピペですか?」 ~ 紙帳票の登録作業は AI × RPA におまかせください ~
●開催日時:2019年3月19日(火)15:00~17:05(受付14:30)
●会  場:ハーモニアス・コンピテンス・センター(品川イーストワンタワー13階)
●お申込み:https://www.uniadex.co.jp/event/2019/20190319_ai-rpa.html

以 上

■活文 Intelligent Data Extractorについて
日立ソリューションズ社が提供する「活文」は、企業の資産であるビジネスデータを活用し、価値に変えるための製品を多彩にラインアップしております。その一製品である「活文 Intelligent Data Extractor」は、AIの機械学習機能を活用することで、データの取り込み、仕分け、抽出までの作業を自動化し、システムへのデータエントリ業務の作業負荷を大幅に軽減することができます。ユニアデックスにて開発中の「帳票自動入力ソリューション」では「活文 Intelligent Data Extractor」が提供する機能と連携し、紙帳票をはじめとしたデータ登録・作成業務の効率化を実現します。また、今後、各種活文製品とAPI連携することで、機能拡充して行く予定です。

[エンドースメント] 今回の発表にあたり、以下のコメントをいただいています。

株式会社日立ソリューションズ ビジネスコラボレーション本部
本部長 山本 重樹 氏

株式会社日立ソリューションズは、このたびのユニアデックス株式会社の「バックオフィス業務支援ソリューション」の発表を大変嬉しく思います。今回発表のソリューションと弊社が提供するデータ自動抽出基盤「活文 Intelligent Data Extractor」の組み合わせにより、バックオフィス業務の一つである帳票作成の自動化・効率化を実現します。今回の「活文 Intelligent Data Extractor」の提供をはじめとして、今後、活文製品との更なる連携を行うことで、「バックオフィス業務支援ソリューション」が広く普及することを期待しております。

※活文は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2019年の
ニュース

新着ニュース

page top