VMware Horizon

真クライアント主義 ~ お客さま環境に最適なシンクライアント環境の実現

ユニアデックス の シンクライアント・フレームワークは、VMware Horizon のメリットをフルに引き出しお客さまの状況に合ったシンクライアント環境を提供します。

VMware Horizon 概要図

フレームワークの種類

SecureSuiteV:多要素認証とシングルサインオン
TrendMicro Deep Security:エージェントレス・エンドポイントセキュリティー
Palo Alto Networks PAシリーズ:マルウエア対策
VMware NSX Datacenter:仮想ネットワークによるマイクロセグメンテーション
F5 Networks BIG-IP APM:VDIの画面転送プロキシに活用

VMware Horizonで提供される機能とライセンス形態

VMware Horizon のライセンスは、Horizon 用のvSphere for Desktop、vCenter Standardなどを含む Horizon Bundle と別途vSphereなどを用意するAdd-onライセンスでの2形態での提供となります。

Bundle ライセンスでは、利用するユーザー数(同時接続ユーザー もしくはNamed User)のHorizonライセンスを購入することで、Horizon環境で必要となるvSphere(Enterprise Plus相当)、vCenter、(Advaced以上ではvSAN)は個別に購入することなく利用が可能となります。Horizon用途以外の仮想マシンを同一のvSphere環境上に配置する場合には、別途vSphereなどのライセンスを購入する必要があるのでご注意ください。

Horizon Standard Horizon Advanced Horizon Enterprise
ライセンスの種別 CCU
(同時接続user)
CCU または
Named User
CCU または
Named User
販売単位 10 or 100 user 10 or 100 user 10 or 100 user
Windows 仮想デスクトップ
Thin App
vCenter Standard
vSphere for Desktop
vSAN Advanced for Desktop
VMware Identity Manager
SBC(RDSH)
vRealize Operations for Horizon
App Volumes
Horizon for Linux
User Enviroment Manager
Instant Clone

仮想デスクトップ型:VDI:Virtual Desktop Infrastructure

仮想デスクトップ型は、ハイパーバイザー上で実行されるOS(例:Windows 10)をクライアント端末毎に1対1で提供する方式です。

ユーザー毎に複製したマスタを保存する「フルクローン」構成とユーザープロファイル領域以外は同一のマスターイメージから読み込みを行う「リンククローン」方式など、運用方法により複数のイメージ管理方式を提供します。

ターミナルサーバー型:SBC(RDSH):Server Based Computing

ターミナルサーバー型は、1つのサーバーOS(例:Windows Server 2016)を複数クライアントから1対多で接続・共有して利用する方式です。

サーバーOS上のデスクトップ環境を利用するデスクトップ配信とアプリケーション単位で公開するアプリケーション配信が可能です。

アプリケーション仮想化(AppVolumes)

組み合わせによる構成

VDI + AppVolumes

VDI + SBC アプリケーション配信

SBC デスクトップ配信 + SBC アプリケーション配信

VMware Horizon 環境を構成するコンポーネント


関連製品のご紹介

仮想共有ストレージ:VMware vSAN

VMware vSANは、仮想環境を構成する物理サーバーに搭載したストレージ(HDD、SSD、NVMe SSD)を利用し仮想的な共有ストレージ提供します。

VMware vSANを活用することで外部共有ストレージを用意することなく仮想環境を構築することが可能となるだけではなく、サーバー追加により柔軟にストレージ容量・IO性能の拡張も可能となります。VMware Horizonでは、Advanced 以上のエディションであればvSAN Advacedをそのまま利用することが可能となるため、より安価に仮想環境を実現することが可能となります。

VMwareが提供する働き方改革ソリューション:VMware Workspace ONE

Workspace ONEは、モバイルデバイス管理、シングルサインオン、多他要素認証、VDIや様々なSaaSを統合利用可能なポータル提供などを行うVMwareの働き方改革ソリューションです。

Workspace ONEでは、Application Access、Standard、Advanced、Enterprise の4つのエディションがあり、Enterprise エディションには Horizon Enterpriseのユーザーライセンスを包含しています。VMware Horizon と Workspace ONE を組み合わせることでより包括的な働き方改革ソリューションを利用いただくことが可能となります。

データセンター向け仮想ネットワークソリューション:VMware NSX Datacenter

VMware NSX Datacenter は、VMwareが提供するネットワーク仮想化ソリューションVMware NSX シリーズの中で、特にデーターセンター(及びIaaS上の仮想マシン)ネットワーク向けソリューションです。

NSX Datacenterでは、L2論理スイッチング、L3論理ルーティング、VMware ハイパーバイザーベースでのL4-L7 ロードバランシング、L4-L7ファイアーウォールやネットワークの可視化機能を提供します。VMware Horizon環境では、NSX Datacenterと組み合わせることでクライアント毎、グループ毎に分散ファイアーウォールを利用した細かなセキュリティー設定、セグメンテーション(マイクロセグメンテーション)を利用することが可能となります。また、新規のクライアントセグメントを作成する場合にも、物理スイッチのコンフィグを変更することなく仮想環境と統合されたUIでネットワークの設定を作成・変更することが可能となります。

VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure

VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure は、Microsoft Azure上にVMware Horizon 仮想デスクトップ環境を構築するVMware が提供するDaaSソリューションです。信頼性の高いVMware VDI環境をMicrosoft Azure上に構成することで、VDI環境で問題となる初期コストを抑えたスモールスタートの実現とMicrosoft Office 365やMicrosoft Azure上に構築された各種サービスと低遅延な通信環境での接続を実現します。

VMwareは、DaaS環境の管理・運用・可視化サービスとなる Horizon Cloudを提供し、お客さまの契約するMicrosoft Azureに接続して仮想デスクトップに必要なコンポーネントを展開します。

コンサルティング

基盤選定⇒動作検証⇒正式提案といった順でお客様のご導入までのプロセスをご支援いたします。

クライアントVOA(仮想化診断アセスメントサービス)

vSphere vRealize Operations Managerを活用したVOA(vSphere Optimization Assessment)サービスです。ユニアデックス独自のノウハウを活用し、わかりやすく詳細にアセスメント結果レポートを提供いたします。

保守

ユニアデックスは、マルチベンダーワンストップトータルサポートでシンクライアント環境を構成する様々なベンダー製品を一括保守対応いたします。

CAD シンクライアントを実現するvGPUテクノロジー

従来のCADクライアントの課題

vGPUソリューションによる解決

VDI基盤上のクライアントにCADアプリケーション対応のvGPUを割り当てることで高度なグラフィック作業をシンクライアント化することが可能です。クライアントデバイスはデータセンター上の仮想クライアントの画面を表示しているだけなのでデバイスを選びません。外出先でのプレゼンテーションでは、タブレットやスマートフォンで高度なCADアプリを表示することも可能です。

仮想クライアントとCADデータ管理サーバーなどの周辺サーバーはデータセンター内で通信が行えるため、高速なファイル転送と外部に機密ファイルを持ち出さない運用を実現します。vGPU対応カードはTeslaカード(GPGPU)としても利用可能な為、CAEクライアントとしても運用可能ですが、データセンター上のCAE用サーバーなどを利用する場合も高速な通信環境で利用することで処理を最適化することができます。

NVIDIA vGPU対応グラフィックボードラインアップ

3つのGPU割り当て方法とvGPUのメリット

  • GPUパススルー:GPUを仮想分割しない「パススルー」設定も可能
  • GPUシェアリング:ハイパーバイザーに割り当てたGPUを共有する従来方式。クライアントからはVM独自GPUドライバーとなる為、CADアプリケーションなどでのドライバー認証は得られない
  • vGPU:プロファイル変更でGPU性能を柔軟に変更でき、NVIDIA Quadroドライバーで動作する

NVIDIA GRID によるvGPUの割り当てイメージ

※2018.12 時点 NVIDIA GRID 5.0 では、vGPUのオーバーコミットは未サポート

関連商品・サービス

商品販売元

2019年04月25日公開
(2019年04月26日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービス

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top