VMware Horizon

真クライアント主義 ~ お客さま環境に最適なシンクライアント環境の実現

ユニアデックス の シンクライアント・フレームワークは、VMware Horizon のメリットをフルに引き出しお客さまの状況に合ったシンクライアント環境を提供します。

VMware Horizon 概要図

フレームワークの種類

SecureSuiteV:多要素認証とシングルサインオン
TrendMicro Deep Security:エージェントレス・エンドポイントセキュリティー
Palo Alto Networks PAシリーズ:マルウエア対策
VMware NSX Datacenter:仮想ネットワークによるマイクロセグメンテーション
F5 Networks BIG-IP APM:VDIの画面転送プロキシに活用

VMware Horizonで提供される機能

VMware Horizon機能一覧

ターミナルサーバー型(Horizon RDSH)

ターミナルサーバー型とは、マルチユーザー化されたサーバーOS(例:Windows Server 2016)へ複数のクライアントから接続・共有し利用する方式です。サーバーOS上のデスクトップ環境を利用するデスクトップ公開とアプリケーション単位で公開するアプリケーション公開が可能です。

仮想デスクトップ型(Horizon View)

仮想デスクトップ型とは、ハイパーバイザー上で仮想化されたクライアントOS(例:Windows 10)またはサーバーOSにより、クライアント端末毎に 個別の独立したOS環境を提供する方式です。

ハイブリッド環境(Horizon View + Horizon App)

仮想デスクトップ型で提供されるOS・デスクトップ環境上へターミナルサーバー型のアプリケーション公開を組み合わせる方式です。

ダブルフック環境(Horizon RDSH + Horizon Apps)

ターミナル・サーバー型のデスクトップ公開とアプリケーション公開を組み合わせる方式です。

アプリケーション仮想化(AppVolumes)

仮想共有ストレージ(VMware vSAN)

サーバーのローカルストレージを利用し分散仮想ストレージとして1つにまとめることで仮想的な共有ストレージ環境を構築します。
仮想化基盤に高速なストレージ環境及びストレージ管理機能を統合し、より運用性の高い仮想デスクトップに提供可能となります。

コンサルティング

基盤選定⇒動作検証⇒正式提案といった順でお客様のご導入までのプロセスをご支援いたします。

クライアントVOA(仮想化診断アセスメントサービス)

vSphere vRealize Operations Managerを活用したVOA(vSphere Optimization Assessment)サービスです。ユニアデックス独自のノウハウを活用し、わかりやすく詳細にアセスメント結果レポートを提供いたします。

保守

ユニアデックスは、マルチベンダーワンストップトータルサポートでシンクライアント環境を構成する様々なベンダー製品を一括保守対応いたします。

CAD シンクライアントを実現するvGPUテクノロジー

従来のCADクライアントの課題

vGPUソリューションによる解決

VDI基盤上のクライアントにCADアプリケーション対応のvGPUを割り当てることで高度なグラフィック作業をシンクライアント化することが可能です。クライアントデバイスはデータセンター上の仮想クライアントの画面を表示しているだけなのでデバイスを選びません。外出先でのプレゼンテーションでは、タブレットやスマートフォンで高度なCADアプリを表示することも可能です。

仮想クライアントとCADデータ管理サーバーなどの周辺サーバーはデータセンター内で通信が行えるため、高速なファイル転送と外部に機密ファイルを持ち出さない運用を実現します。vGPU対応カードはTeslaカード(GPGPU)としても利用可能な為、CAEクライアントとしても運用可能ですが、データセンター上のCAE用サーバーなどを利用する場合も高速な通信環境で利用することで処理を最適化することができます。

NVIDIA vGPU対応グラフィックボードラインアップ

3つのGPU割り当て方法とvGPUのメリット

  • GPUパススルー:GPUを仮想分割しない「パススルー」設定も可能
  • GPUシェアリング:ハイパーバイザーに割り当てたGPUを共有する従来方式。クライアントからはVM独自GPUドライバーとなる為、CADアプリケーションなどでのドライバー認証は得られない
  • vGPU:プロファイル変更でGPU性能を柔軟に変更でき、NVIDIA Quadroドライバーで動作する

NVIDIA GRID によるvGPUの割り当てイメージ

※2018.12 時点 NVIDIA GRID 5.0 では、vGPUのオーバーコミットは未サポート

関連商品・サービス

商品販売元

2018年12月03日公開
(2019年01月07日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top