ITコンサルティングサービス

DX時代におけるITインフラのあるべき姿を共に描き、実現させるための計画を立案



概要

ビジネスにおけるIT活用が進むDX(デジタルトランスフォーメーション)時代が訪れ、IoTやビッグデータ解析、AI、ハイブリッドクラウドなどの先進技術が求められる中、ITインフラの重要性はますます高まっています。

経営者として、ビジネスの中長期的な事業計画を踏まえたとき、あるべきITインフラの姿とはどのようなものでしょうか。また、ITインフラ責任者としては、今すぐ先進技術に対応したITインフラを整備するべきなのでしょうか、それとも技術の成熟度合いをかんがみながら段階的に導入するべきなのでしょうか。

ITインフラをめぐる悩みは尽きません。そのようなお悩みに対し、ITインフラのあるべき姿を描き、それに向けた戦略・計画・実行準備を立案するのが「ITコンサルティングサービス」です。

お客さまのITインフラをワンストップで支えてきたユニアデックスならではの強みを生かし、設計・構築・保守・運用、改善サイクルを見据えた実現性の高いITコンサルティングサービスをご提供いたします。


お客さまのメリット

課題の明確化

お客さまの内部だけでは見えづらいITインフラの課題を明確化できます。

自社に活用できる情報

ITの技術動向や活用事例など、自社に活用できる幅広い情報を得られます。

ITインフラ構想の策定

お客さまの事業計画に即した、実効性のあるITインフラの構想を描けます。

意思決定のスピードアップ

あるべき姿を明確化し、意思決定の方向性を定めることで、そのスピードを上げることができます。

無駄なIT投資の抑制

同業他社事例や最新の技術動向を活用し、ITインフラの導入タイミングをはかることで、無駄なIT投資を抑制できます。


Why UNIADEX's Consulting ?

●ITインフラを支えてきた経験をもとにした課題の洗い出し
ITインフラの設計・構築・保守・運用を担ってきた経験から、お客さまが優先的に対処するべき課題を見定めます。

●豊富な知見による将来像を見据えた施策策定
未来サービス研究所や独自の市場調査・技術情報などの、当社が有する未来を見据えたITの知見や、同業他社事例、メーカーの最新技術動向を活用することで、ビジネスの将来像に沿った施策を策定いたします。

●中長期事業計画に沿ったITインフラの構想計画立案
お客さまが中長期事業計画を推進する上で必要となるITインフラ環境の課題を洗い出し、その課題を解決するための具体的な施策を定めることで、ビジネスを支えるITインフラの構想計画を立案します。

●アドバイザリーサービスによる継続的支援
ITコンサルティングサービス完了後も、立案した構想計画の実現や、お客さまのこれからの事業を支えるITインフラに対してアドバイザリーを実施し、継続的に支援いたします。

サービスメニュー/ユースケース

➤課題設定ワークショップでは具体的な構想策定に入る前に、まず何を目的に取り組むのか、
 お客さまの課題を明確化します。
➤ITコンサルティングの領域では「NW基盤」「セキュリティー対策」 「テレワーク」「クラウド移行」
「運用最適化」の5つをテーマにITインフラの構想を描きます。
➤アドバイザリーサービスはテーマや期間に縛られることなく、ITインフラに関する助言を継続的に
 提供します。
➤これらのサービスはお客さまのニーズに合わせ、組み合わせてご提供することも可能です。

課題設定ワークショップ

■こんなことにお困りではありませんか?

■本サービスが提供すること

お客さまの業務やITインフラにおける課題を抽出し、その課題に対して施策案を提示します。課題解決の目的と方針を明確化した上で、取り組むべき課題の優先度を明確にします。

ユースケース(案件実績)

お客さま概要

業種:サービス業
社員数:4,000名
実施期間:2020年6月

案件背景

本案件のお客さまはクライアントデバイスの管理、社内ヘルプデスクの運用、セキュリティー対策など、ITインフラ環境全体において課題が山積み状態でした。
さらに、スクラッチ開発した基幹系システムの運用が属人化しているために、情報システム部全体として業務負荷が高く、将来に向けてのIT戦略検討や投資計画の策定、技術動向などの情報収集、人材育成などが手付かずの状態で、早急な改善が必要でした。
また、課題が非常に多い一方で、全貌を把握されておらず、どこから改善すべきなのか自分たちでは検討がつかないという状態でした。

ご提供内容

情報システム部門が抱える課題全体を抽出し、何から手をつけるべきか優先度付けを行うワークショップをオンライン上で実施しました。
ワークショップではITインフラのバリューチェーン(IT戦略、QMS〜保守)に沿って約80個の課題を抽出し、その課題を解決し"どのような状態になりたいのか"あるべき姿の検討、中期経営計画の項目との紐付けを行いました。その後、何から優先して取り組むべきか優先度の検討を行い、今後の対応シナリオの策定を行いました。

ITインフラのバリューチェーン
バリューチェーンに沿った課題抽出のイメージ図

※画像をクリックすると別ウインドウで図表が表示されます

お客さまの抱えていた問題・課題

ワークショップにより明らかとなった最も大きな問題は、システム運用負荷によるリソース不足や、企画に関するスキル不足を要因とする場当たり的な対応の積み重ねが、運用負荷を増大させていく負のループに陥っていることでした。
運用で手一杯な状況により現状環境の可視化やドキュメント整備などが後回しとなり、時間やスキルが不足していることから中長期的なIT計画が立案できていない。そのため全体最適を目指したいが、個別最適を目指さざるを得ない状況が続き、サイロ化したシステムにより運用がますます複雑化していく状況でした。
このようにワークショップによって明らかとなった状況や課題ごとの優先度を踏まえながら、あるべき姿に向けて先ず何から優先的に手をつけていくべきか検討します。「ITシステム」「ヒト」「プロセス」の3つの観点で検討を行い、ワークショップの結果をキーマンとなる役員へ報告を行い、改善への一歩を踏み出す合意を得ました。

ワークショップに参加されたお客さまの声

✔ 現状の課題などをまとまった形で整理できたのでよかった。ワークショップ参加者には良い刺激になったと思う。

✔ 内部だけだと重要性や緊急性に気づかない部分もあるため、外部から意見を言っていただくことで気がつく点があり良かった。

✔ 企画部門の担当者として情報システム部の抱える課題がよくわかった。

対応すべきことが多いことはわかっていたが、体系立てて確認できたのは良かった。現時点では何も解決できておらず、自分が動けていない状況は変わらないので、今後の対応について期待している。

NW基盤構想策定

■こんなことにお困りではありませんか?

■本サービスが提供すること

次世代のネットワーク構想と、その構想を実現するためのロードマップを提供します。ロードマップは外部環境やIT技術のトレンドを踏まえ、お客さまの中長期的な事業計画に合わせて策定します。

セキュリティー対策構想策定

■こんなことにお困りではありませんか?

■本サービスが提供すること

ITインフラや端末、サーバー設定状況、セキュリティー実装状況についてリスク調査と評価を実施します。評価に基づいて対策となる施策を提示し、ガバナンスの強化に寄与します。

テレワーク構想策定

■こんなことにお困りではありませんか?

■本サービスが提供すること

テレワークを導入する目的を整理した上で、必要なリモートアクセス環境とコミュニケーション基盤の構想を立案します。ITインフラに関する他の施策との兼合いや、テレワーク実施後の課題を洗い出すことで、安心してテレワーク環境を導入できます。

■テレワーク診断

簡単な質問項目に回答するだけで現状を診断し、テレワークを実現するためのアプローチ案を無償にてご提案します。

成熟度を測る「テレワーク診断」

クラウド移行構想策定

■こんなことにお困りではありませんか?

■本サービスが提供すること

クラウドを活用したアーキテクチャーの策定と、ITインフラ改善のための施策を提示します。投資における「守りのIT」と「攻めのIT」のバランスを踏まえ、業務や組織に適したクラウド環境への移行構想を立案します。

運用最適化構想策定

■こんなことにお困りではありませんか?

■本サービスが提供すること

ITインフラにおける運用業務の成熟度を評価し、改善のための施策を提示。ITインフラの最適な運用全体像を策定します。運用負荷が軽減されることで、「攻めのIT」戦略に専念するリソース確保に寄与します。

アドバイザリーサービス

■こんなことにお困りではありませんか?

■本サービスが提供すること

お客さまの中長期的な事業計画を鑑み、ITを活用した具体的な実現案を提言します。また、競合他社や最新の技術トレンドを元に継続的な情報提供を行います。


提案までの流れ

 

ソリューション

その他のソリューション

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top