ユニアデックス、PCの提供から運用管理までを実施するテレワークパッケージの提供を開始

~テレワーク環境導入の準備・運用にかかる管理部門の負荷やコストを低減~

ニュースリリース

2020年05月22日

ユニアデックスは、煩雑なPC運用管理業務からお客さまを解放する「マルチデバイス運用サービス」に、テレワークソリューションを組み合わせたテレワークパッケージを6月1日から提供開始します。第一弾は、クラウド型ネットワークサービス「Wrap®」(注1)をセットで提供します。「Wrap」を利用可能なPCを提供することで、利用者はすぐに(注2)セキュアな環境でテレワークを開始することが可能です。加えて、故障時にはサポートサービスにより迅速にPCを交換でき、不明点はヘルプデスクが解決します。
ユニアデックスがテレワーク環境導入とPC運用管理のライフサイクル全般をまるごと引き受けることで、お客さまは本来の業務に専念することができます。

背景

現在、企業活動が大きく制限されており、終息が見えない状況が続いています。今後、新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組みながら企業活動を継続しなければならない、ウィズコロナの時代が長期に渡って続くとも予想されています。テレワークの重要性はますます高まる一方ですが、依然としてテレワーク環境の実現に課題をかかえる企業・団体も少なくありません。
ユニアデックスでは現在、テレワーク導入支援のために一部サービスの無償提供などを行っています。その中で各企業や団体からの相談を受け、環境の違いなどにより抱える課題はさまざまに異なることを認識しました。そこで、より多くの皆さまに最適なテレワーク環境を提供するためには、さらにきめ細かいサービスプランを用意することが必要と考えました。

サービス概要図

テレワークパッケージの特徴

ユニアデックスが提供する「マルチデバイス運用サービス」に、Web会議をはじめとするコラボレーションサービスやオンラインストレージなどのテレワークソリューションを組み合わせたサービスとなります。

第一弾は、どこにいてもセキュアに企業ネットワークを利用することが可能な「Wrap」をセットで提供します。「Wrap」をインストールした初期設定済みのPC(レンタル含む)を提供することで、利用者はすぐにテレワークを開始できます。加えて、PCの運用管理業務はライフサイクル全般に渡ってユニアデックスが代行するため、管理部門は運用負荷と運用管理コストを低減でき、本来の業務に専念することができます。
PCの運用管理に関しては、ユニアデックスの「マルチデバイス運用サービス」での運用実績を生かしてお客さまに最適なサービスを提供します。

今後の展開

ユニアデックスは、すでにWeb会議やチャットなどの多くのコラボレーションサービスやオンラインストレージをテレワークソリューションとして提供しています。ICTインフラトータルサービス企業として培ってきたノウハウを生かして、今後はさらにこれらのサービスと組み合わせてテレワークパッケージを拡充し、ICTの側面から支援を行っていきます。

以上

注1:現在「Wrap」は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、期間限定(7月31日まで)での無償提供を行っています。
詳細はこちら:https://www.uniadex.co.jp/news/2020/20200512_wrap.html

注2:即時に利用頂くためには、お客さまネットワークと接続するための環境準備が必要となります。

※Wrapは、ユニアデックス株式会社の登録商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2020年の
ニュース

新着ニュース

page top