「リアル、バーチャル、ハイブリッド・・・新しい働き方を考えよう!」未来妄想サロン第四回を実施

未来飛考地図
MIRAISERVICE FUTURE SERVICE LABORATORY

2021年11月11日公開

未来サービス研究所(以下、未来研)が展開する「未来妄想サロン」は異業種交流の場であると同時に、社会や技術の新しい兆しをつかみ、さまざまなワークショップの手法に挑戦する場も目指しています。四回目となる今回は、「リアル、バーチャル、ハイブリッド・・・新しい働き方を考えよう!」というテーマを設定。オンライン上にまるでオフィスのような仮想空間を提供する「バーチャルオフィス」に注目しました。

未来研では、今後の新しい働き方の一つとしてバーチャルオフィスの調査研究を行っています。さまざまなバーチャルオフィスのツールを調べたり、実際に使ってみたりするなかで、バーチャルだからできること、やっぱりリアルがいいなと思うこと、など色々な気づきがありました。

しかし多くの方にとって、バーチャルオフィスとはまだまだ馴染みのないツールです。ならばサロンを開催する前にバーチャルオフィスを体験してもらおう!ということで、Gather.Townというバーチャルオフィスツールの体験会を開催しました。
サロン当日もGather.Townのデモ画面を紹介しながら、参加者それぞれにとっての新しい働き方をディスカッションしました。

コミュニケーションをとりやすい働き方、作業に集中できる働き方、アイデアを出しやすい働き方・・・。業務内容によっても求める働き方はさまざまだと思います。今後、新型コロナウイルスが収束したときに、どのような働き方がスタンダードになるのでしょうか。また私たち一人一人にとっての理想の新しい働き方とはどのようなかたちでしょうか?

未来妄想サロン第四回
バーチャルオフィスのひとつ、Gather.Town。仮想空間の中で、参加者はアバターを使って自由に移動し、会話することができます。

今回は7社10名の皆さまにご参加いただきました。アイスブレークのあとに、山田研究員が「バーチャルオフィスという選択肢」というテーマでバーチャルオフィスの機能や特徴について解説しました。事前開催したバーチャルオフィス体験会に参加できなかった方もいらっしゃったため、再度Gather.Townのデモンストレーションも交えつつ、バーチャルオフィスの可能性と課題について整理しました。

未来妄想サロン第四回

続いて座談会に入ります。ブレークアウトセッションで2つのグループに分かれ、「新型コロナウイルスの影響で働き方はどう変わった?」「バーチャルオフィス、どんなふうに使う?」など意見を交わしました。

今回はオンライン・ワールドカフェにも挑戦しました。ディスカッションの中盤でチームメンバー数人が特派員としてもう一方のチームを訪問し、どのようなことを話し合っているか聞き取ります。聞き取った内容を、自分のチームに戻ってからメンバーと共有することでアイデアをより深めていく手法です。
その後は全員でメインルームに戻り、チームごとに新しい理想の働き方についてどのような意見が出たか発表しました。

未来妄想サロン第四回

しめくくりには、須藤研究員が「働く場所にとらわれない多様な働き方へ」というテーマでミニ講演を行いました。VRなどの最新技術を用いた最先端のバーチャルオフィス開発が進む一方で、仮想空間だけではなく、ワーケーションや託児サービス付きシェアオフィスなど従来型のオフィスにとらわれない新しい働き方が広がっています。これらの豊富な事例を取り上げながら、未来の働き方の可能性について解説しました。

未来妄想サロン第四回
3DによるVRバーチャルオフィスを提供するSpatial 。こんな未来ももうすぐ?(画像出典:https://spatial.io)

もちろん恒例の記念撮影もパチリ!
サロン終了後には、Gather.Townを開放し任意参加の体験会も行いました。

未来妄想サロン第四回

実施後のアンケートでは、こんな声をいただきました。

「バーチャルオフィスという言葉自体は知っていたが、どのようなものなのか理解できていなかった。今回サロンで取り上げていただき、また参加者においてもバーチャルオフィスについての意見を聞けて大変参考になりました。」
「バーチャルオフィスの必要性について疑問に思っていましたが、実際体験したり他社の方のお話を伺って、利用方法や必要性が理解できました。またテレワークや書類の電子化について、他社での取り組みや課題の情報共有ができてよかったです。」
「初めての参加で緊張しました。溶け込みやすい雰囲気を作っていただき、ありがたかったです。機会がありましたら、また参加させていただきたいと思います。」

今回のサロンはバーチャルオフィスの解説やデモンストレーションに重点をおいた背景もあり、グループディスカッションの内容を深めていく時間がもっと欲しかった、というご意見もありました。今後のテーマ設定や進行の参考となる貴重なご意見をありがとうございました。


未来サービス研究所では、今後もワークショップや講演などを開催し、さまざまなお客さまとのつながりを拡げる/深める共創活動を推進してまいります。オンラインによるさまざまなツールの試行はもちろん、今後は新型コロナウイルスの状況をみつつオフラインによる対面開催も視野に入れ、企画を進めてまいりますのでご期待ください。
ワークショップ・講演の開催や運営に関するご相談がございます方は、下記「お問い合わせ」までお気軽にご連絡ください。

【未来サービス研究所 ワークショップのあゆみ】
2021/7/19「10年後の未来を想い描く、オリジナル未来予測マップを作ろう!」未来妄想サロン第三回を実施
2021/4/14「知りたくないですか? 〇年後の未来を探るコツ!」未来妄想サロン第二回を実施
2021/1/4 異業種交流アイデア創出ワークショップ「アフターコロナ時代における新しいサービスを考える 5~10年先の未来社会を楽しもう!」を合同開催
2020/12/1 オンライン異業種ワークショップ「未来妄想サロン」を実施しました!
2020/9/1 オンラインワークショップ「テレ〇〇を妄想しよう!」の社内トライアルを実施しました。
2020/2/18 未来研と日本ユニシス総合技術研究所で合同ワークショップを実施しました。
2019/9/30  株式会社テレコムスクエア様と開催した共創ワークショップの模様を公開しました。


当記事へのご意見・ご感想や未来サービス研究所へのご質問など「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!

未来サービス研究所のコンテンツ

未来サービス研究所
ユニアデックス『未来サービス研究所』の活動をご紹介します。
5~10年先の情報システムを支えるサービスとは何か?をテーマに市場調査や研究開発を行っています。

ビジネスへのAIの活用について ~ AIOpsとデジタル化に向けたAIの活用 ~
ITサービスの運用高度化や、お客さまのデジタルトランスフォーメーションを加速するエンジンとして採用されるAI技術への取り組みを、時系列数値解析、自然言語処理や画像認識といった分野ごとの事例で紹介します。

2021年11月11日公開
(2021年11月11日更新)
新事業への取り組み

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top