1台の物理サーバーを複数の仮想サーバーとして利用する米国VMware社の仮想化ソフトウエア製品を販売

ニュースリリース

2004年12月09日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:福永 努、以下 ユニアデックス)は、米国VMware(ヴィエムウエア)社(本社:米国カリフォルニア州、プレジデント:Diane Greene氏、以下 VMware社)と代理店契約を結び、VMware社のサーバー仮想化ソフトウエア製品を2004年12月13日(月)から販売開始します。

 VMware社の製品は、1台の物理的なIA(インテル・アーキテクチャー)サーバー上に複数の仮想的なサーバー環境を作る「VMware ESX ServerTM 2」をはじめ、仮想化サーバーへのOS環境の移行、移行後のサーバーの一元管理を実現するソフトウエアなどで構成されています。ユニアデックスは、これらソフトウエアの販売とともに、仮想化サーバー間での"データ共有"をSAN(広域ストレージネットワーク)環境構築ノウハウを駆使して提供していきます。

 IAサーバーの浸透に伴い、多くの企業では種類の違うOSを搭載する多数のサーバーが混在する状況となっており、管理負荷の増加が問題視されています。また、サーバーの多くは平均15%程度のCPU利用率であり、より効率的なサーバー資源の活用が課題となっています。そのため多くの企業では、サーバー統合や移行によるサーバー管理負荷軽減ならびにTCO削減が求められています。しかし、企業内には依然として処理能力不足に伴うハードウエアの追加・増強に対応できないシステムが数多く存在し、このことがサーバー統合や移行を困難にする要因になっています。

 今回発売するVMware製品は、こうした問題を解決し、統合・移行ニーズに対応するもので、物理的なサーバー数の削減、既存資産の有効活用を可能にし、効率的なサーバー利用環境を作ることにより、TCO削減の要求に応えるものです。

VMwareのコア製品の特徴と導入効果

ユニアデックスのVMwareソリューションの特徴

米国VMware社の日本法人 ヴイエムウェア株式会社 代表取締役社長 ジム・レノックス氏からのコメント

ソフトウエア価格(税込み)

サーバー仮想化ソフトウエア「VMware ESX Server 2」 630,000円 / 2CPU~
年間サポート 220,500円 / 2CPU~

今回、ユニアデックスは、VMware製品を利用したサーバー統合・移行サービス・保守サービスを通じて、今後3年間で60億円の売り上げを目指します。

VMwareによるサーバー統合・移行イメージ

*VMware ESX Server は、米国VMware, Inc.の登録商標です。
*Windows NT4.0、Windows2000は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
*その他記載の会社名/商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2004年の
ニュース

新着ニュース

page top