「Windowsセキュリティーパッチ自動適用ソリューション」を提供開始

ニュースリリース

2004年03月23日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京 代表取締役社長 福永 努、以下ユニアデックス)は、このたびマイクロソフト株式会社から提供されるWindows向けセキュリティーパッチを、自動的にクライアントPCに適用するほか、不正ソフトウエア発見等のIT資産管理業務までも連携できる「Windowsセキュリティーパッチ自動適用ソリューション」を3月25日より提供開始します。

 これにより、昨年10月から提供してきた業界初の「Linux®セキュリティーホール・パッチ自動適用ソリューション」とともに、オープン基本ソフトウエアのセキュリティー運用環境を総合的にサポートする体制を整えました。

 本ソリューションは、パッチの一時保管庫といえるSUS(*1)サーバーの構築が基本になります。SUSサーバーが月に一回Windows Updateサイトに自動的にアクセスしパッチ情報をダウンロード、その後、IT管理者が選択したパッチをクライアントPCに自動的に適用します。(手動でも可)。

 こうした基本機能に加えて、パッチが適用されているか、従業員に不正ソフトのインストールがないか、リース期限切れ間近のPCがないか等、IT資産管理業務までを自動的に連携させ、企業のIT統治を総合的にサポートします。価格は、基本構築サービスが1サーバーあたり60万円(税別)~、その他IT資産管理との連携を行うサービスが運用保守を含めて1サーバーあたり125万円(税別)~です。

 昨今、急増するウイルス感染や不正侵入によるデータ盗難/破壊を予防すべく、Microsoft Windowsに関しては定期的にマイクロソフト社からパッチ情報が提供され、多くのPC利用者は自分の判断でダウンロードし、適用しているのが現状です。この場合、適用作業が特定の時間に集中しがちでネットワークに負荷がかかるほか、企業のIT管理者から見ると時期尚早のパッチ適用であったり、逆に脆弱性を増すことにつながるパッチ適用であることも多く、IT統治上「利用者まかせのパッチ適用」ではなく「集中管理によるパッチ適用」が求められていました。

 こうしたニーズに対応し、企業の管理者によるパッチ適用の一元管理ができるツールとしてマイクロソフトからSUSサーバーが提供されていますが、今回ユニアデックスでは、このSUSサーバー構築サービスにとどまらず、IT資産管理ツールまでを連携させたソリューションとして提供していくものです。今後は、パッチ評価やコンサルティングまでを含んだトータルサービスの提供を視野に入れていきます。

具体的サービスメニューと機能

基本サービス:

オプションサービス:

(*1)SUS: Microsoft Software Update Service
*Microsoft、Windows、Windows Server Systemは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
*記載の会社名、商品名およびシステム名は、各社の商標または登録商標です。

<システム構成例>

<システム構成例>

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2004年の
ニュース

新着ニュース

page top