お客さま事例一覧から見る

患者の情報を共有しチーム医療の強化を実現

2013年01月21日公開

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院様

呉共済病院では、患者への良質な医療と看護を実現するためにチーム医療の強化と患者とのコミュニケーションの促進に力を入れている。そのための必須のツールとなっているのが、電子カルテシステムと連動した「医療看護支援ピクトグラムシステム」である。

PDFで読む(PDF: 647.8 KB)

IT活用の新潮流に対応するため学内の情報基盤を刷新 ネットワーク全体の可視化、仮想デスクトップ環境も実現

2012年12月12日公開

立教大学様

「道を伝えて己を伝えず」を理念に掲げ、常に物事の本質に迫る「自由の精神」を追求し続けている立教大学。ここではIT活用の新たな潮流に対応するため、学内の情報基盤が刷新されています。
※本事例は、2012年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 527.1 KB)

ワイヤレス化と仮想化で医療情報システムを変革 ネットワークの全体最適化を実現、利用者の利便性も向上

2012年11月27日公開

福井大学医学部附属病院様

「最高・最新の医療を安心と信頼の下で」という理念を掲げ、地域医療の充実に貢献し続けている福井大学医学部附属病院。ここではワイヤレス化とクラウド化によって、病院情報システムの変革が行われています。
※本事例は、2012年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 389.2 KB)

医療現場のあらゆる情報を集約し有効活用可能に 基盤となるネットワークも統合、無線LANも積極活用

2012年10月26日公開

帝京大学医学部附属病院様

「患者そして家族と共にあゆむ医療」を理念に掲げ、利用者が満足できる医療を提供し続けている帝京大学医学部附属病院。ここでは2009年に医療情報システムの刷新が行われています。その最大の特長は、医療活動に関する情報をクリニカルデータリポジトリに集約し、医療情報の有効活用やアクティビティの分析を可能にしている点にあります。
※本事例は、2012年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 418.6 KB)

アーケードゲームのオンライン化をアジア地域で推進 オンライン対応ゲーム機をインターネットで接続

2012年08月30日公開

株式会社バンダイナムコゲームス様

「世界で最も期待されるエンターテインメント企業グループ」というビジョンを掲げ、世界中の人々に楽しい時間と感動を提供し続けている株式会社バンダイナムコゲームス。ここでは2011年10月から、アジア地域におけるアーケードゲームのオンライン化が本格化しています。店舗へのネットワーク機器展開はネットマークスが担当。フットワークの軽さときめ細かい提案力、グローバル規模のサポート力が高く評価されています。
※本事例は、2012年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 409.6 KB)

「U-Cloud®」を活用し、管理業務の効率化とITコストの削減を実現

2012年07月19日公開

株式会社NHKアート様

日本の公共放送を支えるNHKグループの一翼を担うNHKアート様は、テレビ美術を通して多様な創意を発揮することで、心豊かな社会の実現と文化の創造をめざしています。
同社は2012年6月、日本ユニシスのクラウドコンピューティングサービス『U-Cloud® IaaS』を導入。サーバなどの運用・管理をアウトソーシングすることで、業務負荷の軽減はもちろん、運用・管理コストの大幅な削減など、ITインフラにかかわるさまざまな課題を解決しました。
詳しくは、日本ユニシスが制作した下記事例ページをご覧ください。

株式会社NHKアート様 (“Club Unisys” Webサイトへ)

利用者視点でのICT活用で医療と介護の融合を目指す

2012年06月06日公開

社会医療法人 高橋病院様

地域リハビリテーション病院として、ICTを積極的に活用してきている同病院は「地域見守りサービス事業」を開始。医療と介護の融合、そしてその先に見据える「生涯カルテ」の実現に向け新たな一歩を踏み出した。

PDFで読む(PDF: 601.1 KB)

ネットワーク仮想化技術を活用し、高いセキュリティーと利便性を両立

2012年06月06日公開

独立行政法人国立病院機構 呉医療センター様

呉医療センターでは、物理的に2 つに分けて運用せざるを得なかった電子カルテシステム系と情報系ネットワークを仮想化を利用し1つに統合。仮想スイッチで複数スイッチを集約してリソースを有効活用し、コアスイッチには仮想ファイアウォールを導入しきめ細かなセキュリティーポリシーを適用した。

PDFで読む(PDF: 521.1 KB)

スマートフォンを利用した日本初のクラウド型タクシー配車システムを開発し、IT投資の軽減と利用者へのサービス向上を実現

2012年05月21日公開

kmホールディングス株式会社様

kmホールディングス様を中核とするkmグループは、創業以来の"おもてなしの心"を根底に、1世紀にわたってハイヤー、タクシー、観光バスなどの旅客自動車運送事業を展開してきました。
同グループでは、2016年に迫ったアナログ無線の完全停止に対応するため、日本ユニシスとともに、日本初のスマートフォンを利用したクラウド型タクシー配車システム『smartaxi®(スマートタクシー)』を開発し、2011年11月から稼働を開始しました。
詳しくは、日本ユニシスが制作した下記事例ページをご覧ください。

kmホールディングス株式会社様 (“Club Unisys” Webサイトへ)

柔軟なシステム構築が可能なクラウドを活用し、県内すべての救急車にiPadを配備して救急医療現場の見える化を実現

2012年05月21日公開

佐賀県様

九州北西部に位置する佐賀県様。最近、この地を訪れる他県の視察団が増えています。その目的は、行政と救急医療の現場が協力して取り組み、2011年にリニューアルした救急医療情報システムを詳しく知りたいというものです。同システムは日本で初めてiPadを全救急車に配備し、救急医療現場の見える化実現により、全国で問題になっている搬送時間の短縮や搬送先の適正化などに大きな効果をもたらしています。
詳しくは、日本ユニシスが制作した下記事例ページをご覧ください。

佐賀県様 (“Club Unisys” Webサイトへ)

page top