医療関連

ワイヤレス化と仮想化で医療情報システムを変革 ネットワークの全体最適化を実現、利用者の利便性も向上

2012年11月27日公開

福井大学医学部附属病院様

「最高・最新の医療を安心と信頼の下で」という理念を掲げ、地域医療の充実に貢献し続けている福井大学医学部附属病院。ここではワイヤレス化とクラウド化によって、病院情報システムの変革が行われています。
※本事例は、2012年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 389.2 KB)

医療現場のあらゆる情報を集約し有効活用可能に 基盤となるネットワークも統合、無線LANも積極活用

2012年10月26日公開

帝京大学医学部附属病院様

「患者そして家族と共にあゆむ医療」を理念に掲げ、利用者が満足できる医療を提供し続けている帝京大学医学部附属病院。ここでは2009年に医療情報システムの刷新が行われています。その最大の特長は、医療活動に関する情報をクリニカルデータリポジトリに集約し、医療情報の有効活用やアクティビティの分析を可能にしている点にあります。
※本事例は、2012年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 418.6 KB)

利用者視点でのICT活用で医療と介護の融合を目指す

2012年06月06日公開

社会医療法人 高橋病院様

地域リハビリテーション病院として、ICTを積極的に活用してきている同病院は「地域見守りサービス事業」を開始。医療と介護の融合、そしてその先に見据える「生涯カルテ」の実現に向け新たな一歩を踏み出した。

PDFで読む(PDF: 601.1 KB)

ネットワーク仮想化技術を活用し、高いセキュリティーと利便性を両立

2012年06月06日公開

独立行政法人国立病院機構 呉医療センター様

呉医療センターでは、物理的に2 つに分けて運用せざるを得なかった電子カルテシステム系と情報系ネットワークを仮想化を利用し1つに統合。仮想スイッチで複数スイッチを集約してリソースを有効活用し、コアスイッチには仮想ファイアウォールを導入しきめ細かなセキュリティーポリシーを適用した。

PDFで読む(PDF: 521.1 KB)

page top