ネットワーク

医療現場のあらゆる情報を集約し有効活用可能に 基盤となるネットワークも統合、無線LANも積極活用

2012年10月26日公開

帝京大学医学部附属病院様

「患者そして家族と共にあゆむ医療」を理念に掲げ、利用者が満足できる医療を提供し続けている帝京大学医学部附属病院。ここでは2009年に医療情報システムの刷新が行われています。その最大の特長は、医療活動に関する情報をクリニカルデータリポジトリに集約し、医療情報の有効活用やアクティビティの分析を可能にしている点にあります。
※本事例は、2012年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 418.6 KB)

アーケードゲームのオンライン化をアジア地域で推進 オンライン対応ゲーム機をインターネットで接続

2012年08月30日公開

株式会社バンダイナムコゲームス様

「世界で最も期待されるエンターテインメント企業グループ」というビジョンを掲げ、世界中の人々に楽しい時間と感動を提供し続けている株式会社バンダイナムコゲームス。ここでは2011年10月から、アジア地域におけるアーケードゲームのオンライン化が本格化しています。店舗へのネットワーク機器展開はネットマークスが担当。フットワークの軽さときめ細かい提案力、グローバル規模のサポート力が高く評価されています。
※本事例は、2012年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 409.6 KB)

ネットワーク仮想化技術を活用し、高いセキュリティーと利便性を両立

2012年06月06日公開

独立行政法人国立病院機構 呉医療センター様

呉医療センターでは、物理的に2 つに分けて運用せざるを得なかった電子カルテシステム系と情報系ネットワークを仮想化を利用し1つに統合。仮想スイッチで複数スイッチを集約してリソースを有効活用し、コアスイッチには仮想ファイアウォールを導入しきめ細かなセキュリティーポリシーを適用した。

PDFで読む(PDF: 521.1 KB)

page top