【ちょこっと未来飛考】ドレミング株式会社 代表取締役会長 高崎様との対談を行いました。

未来飛考地図

2019年1月14日公開

ユニアデックスのWebマガジン「NexTalk」で不定期連載中の対談シリーズ 「未来飛考空間」。未来サービス研究所(以下、未来研)のメンバーがビジネスリーダーや各分野の専門家と対談し、ITや社会の未来像を探っています。今回はドレミング株式会社 代表取締役会長 高崎様と対談しましたが、NexTalk掲載前にちょこっとだけ対談の様子をご紹介します!

2019年11月13日、FinTech事業のグローバル展開を進めるドレミング株式会社 代表取締役会長 高崎義一様と未来研の対談を行うため、飯田橋にあるドレミング事務所を訪ねました。

高崎会長は板前を10年、モスバーガーの店舗経営を10年勤められたご経験から「ブルーカラーの労働者が報われる社会を作る」という理念のもとデジタルマネーを用いた「給与前払いサービス」を展開されています。

対談をとおし、ドレミング様のサービスが世界に受け入れられた背景には、利用しやすいビジネスモデル、各国の現地事情を踏まえた対応、そして何より高崎会長の「労働者の課題に寄り添う姿勢」があることが見えてきました。

私たち未来研もサービスの軸は「人」であるととらえ、人が快適に、便利になるITの未来像を描こうと取り組んでいます。高崎会長の理念には通じ合うところを感じました。

ドレミング 高崎会長

板前出身であることが経営にも影響していると語る高崎会長。
板前時代には人への気配りの大切さを教えられたそうです。ロンドンの著名なFinTech関連インキュベーション施設「レベル39」への入居にあたっても、ビジネスモデルの独自性に加えてそのようなお人柄が評価につながったそう。
「創作料理を作るように人と違うこと、ユニークなことに取り組みたい!」とのお話も。

そんな高崎会長と未来研の対談は、ドレミング様の事業内容にとどまらず、世界各国の労務環境、グローバル社会における日本企業の役割、共創活動の重要性、高崎会長の経営理念に影響を与えた人物や阪神淡路大震災のご経験などなど、話題は多岐にわたりあっという間に予定していた2時間が過ぎてしまいました。対談終了後も立ち話でのお話は続き、充実した時間を過ごさせていただきました。
高崎会長、お忙しい中ありがとうございました!

高崎会長と未来研 小掠、八巻(写真右から)

共創活動の重要性について共感しあう高崎会長と未来研 小椋、八巻(写真右から)。
ドレミング様のグローバル拠点のほとんどがインキュベーション施設であり、他社との共創活動を推し進めているそうです。「閉じこもっていてもしかたない!」との力強いお言葉が印象的でした。



対談の詳細はユニアデックスのWebマガジン「NexTalk」にてご紹介します。
ぜひご覧ください(2月頃公開予定)。


当記事へのご意見・ご感想や未来サービス研究所へのご質問など「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!

お問い合わせ

未来サービス研究所のコンテンツ

未来サービス研究所
ユニアデックス『未来サービス研究所』の活動をご紹介します。
5~10年先の情報システムを支えるサービスとは何か?をテーマに市場調査や研究開発を行っています。

ビジネスへのAIの活用について ~ AIOpsとデジタル化に向けたAIの活用 ~
ITサービスの運用高度化や、お客さまのデジタルトランスフォーメーションを加速するエンジンとして採用されるAI技術への取り組みを、時系列数値解析、自然言語処理や画像認識といった分野ごとの事例で紹介します。

page top